春狂い (幻冬舎文庫)

著者 : 宮木あや子
  • 幻冬舎 (2015年4月10日発売)
3.36
  • (4)
  • (16)
  • (21)
  • (5)
  • (1)
  • 本棚登録 :215
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344423312

作品紹介

人を狂わすほどの美しさを内包した一人の少女。父親や男たちの欲望から逃れ女子校に入学するが、教師に襲われ学園を去る。しかし転校先でも同級生からのいじめと教師からの暴行は繰り返され-。やがて少女は安息を求め、教師の前でスカートを捲り言う。「私をあと二年、守ってください」。桜咲く園は、天国か地獄か。十代の絶望を描く美しき青春小説。

春狂い (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少女とは病みで
    美しさとは呪いで

    桜庭一樹の七竈が光としての絶望であるならば ここには何もない
    春が狂っている

  • 探し求めていた本、そのもの、、って感じでした。
    美しすぎるゆえの現実、スカートを捲り上げていうフレーズの恐ろしさが堪りませんでした。

  • 表紙のイラストが素敵な一冊。
    が、正直よく意味がわからない。
    と言うか理解しがたい。そして気持ちが悪い。
    まさしくタイトル通り『春狂い』だな、と。

  • ドロドロのどA面。
    私は最近「B面はリアルでA面はファンタジー」と思ってたけど、解説の彩瀬まるが“箱庭”と表現していて、あーなるほどと思った。

    初めから終わりまで、

    「うへぇ、こいつ変態だ」
    「美しすぎるのも大変だな……」
    「うわぁ、うわぁ……(言葉にならない)」

    という3つの感想の繰り返し。
    本当は愛し合っていたのにすれ違っていた夫婦の話は悲しかったな。
    夫の話を読んで、何度妻の話を読み返したことか。
    唯一の救いは、まともだった教師の前原と、少女に体を貸した恋人のミツコが救われたこと。

  • 「官能と少女」に続いて宮木作品二冊目。
    どちらも同じエロとグロ。
    流石に二冊目になるとインパクトは低下。
    他の人の感想を見ても似た様なもの。続けて読む物じゃなさそう。

    そもそもこの作品は読者を意識して書いたものなのか?
    なんだか自分の中に浮かぶドロドロしたイメージをひたすら書き出して行ったという感じがする。
    それが悪いわけではないのですが、当然ついて行けず、置いていかれる人も多いと思う。

  • 美しすぎるがゆえに、人を狂わす。
    ひとりの少女を取り巻く、
    欲望と狂気が乱れ舞う 青春小説。
    鳥肌立つような、上手い文章がいっぱいあった。
    だけど...エグい。グロい。
    こんな教師っている?こんな家族ってある?
    絶望と残酷さ極限の状況に、
    眉間のシワも、いっぱい寄った。

  • 2016年、13冊目は(個人的)名作『花宵道中』以来の宮木あや子。

    その美しさゆえ、欲望と虐めの対象とされた一人の少女。そして、その周りの人々の物語。

    全六章、連作短編のように視点や語り手を変え、時系列を前後させて進んでゆく。

    欲望と暴力の連鎖は苦手な方々も多いだろう。また、背表紙のあらすじや帯で官能を期待すると肩透かしを喰らうコトとなります。

    非常に狭い世界の話で、全体的には良かった。それだけにあの「落とし」は全く好みと違って、もったいない。なので、評価は★★★☆☆。

  • 容赦のない描き方をする作家さんが好きです。
    私にとってそれは、桜庭一樹であり誉田哲也なのですが、宮木さんもその一人です。
    物語の展開も良かった。
    それにしても、人々を狂わすこの少女はどれだけ美しかったのだろう?

  • 個人的にはこういう描写が初めてで新鮮尚且つ斬新でした。
    周りに周って最終的に結びつくって、頭を使いながら読むから何度か戻ったりもしたし、あーこういう事かってなった!
    いやぁ、楽しかった!
    最後は「ふぅ。」って感じで終わりました。

全20件中 1 - 10件を表示

春狂い (幻冬舎文庫)のその他の作品

春狂い (幻冬舎文庫) Kindle版 春狂い (幻冬舎文庫) 宮木あや子

宮木あや子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

春狂い (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする