カミカゼ (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
2.80
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 21
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (523ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344423756

作品紹介・あらすじ

太平洋戦争末期、腕利きの零戦搭乗員・陣内武一は、250キロ爆弾を抱いて"鉄の要塞"空母エンタープライズに特攻した。だが特攻作戦の最中に時空がねじれ、平成の東京へと飛ばされる。そんな彼が出会ったのは、冴えないフリーター田嶋慎太。はからずも日本を陥れるテロ計画の存在を知ってしまった二人は、国を守るため、共に戦うことを決意する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あらすじからして、長編アクション?っぽく感じ
    読み始めていくうちにシリアスな雰囲気にもなりつつ、コミカルな部分もあった。
    淡々と読んでいくことができた。
    最後には感動する場面も。
    事実に基づいた内容も散りばめられているので、ちょっとは勉強にもなるかな?

  • 零戦のパイロットが平成の時代へとタイムスリップしてくる話。
    70年前に生きた人が実際に今の時代の日本を見たら、どう感じるのだろうか。
    ひたすらそんな事を思いながら読み進めました。

  • 決死の特攻で沖縄に向かったゼロ戦パイロットが、現代にタイムスリップしてしまうお話。
    徹底して陣内はイイ男であり、田嶋はイライラするほどの物知らず。
    ありがちな設定なのだが、前半は楽しめました。
    ところが後半になってからの展開が雑と言うか、面白味が無くなってしまったのが残念。
    500ページを超える長編小説なのだから、もうちょっと緻密であってほしかった。

  • 著者の作品の中では、一風変わった作風の作品。

    太平洋戦争の末期に零戦で空母エンタープライズに特攻を仕掛けた陣内武一は、何故か平成の世へとタイムスリップする。陣内が平成の世で知り合ったのはフリーターの田嶋慎太と出版プロデューサーの小泉綾…

    SFのような設定なのだが、違和感を感じることなく最後まで読める感動小説。

  • P513

  • 150921○

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1960年、鹿児島県に生まれる。國學院大学卒業。週刊誌記者を経て、1991年に、フリーランスのノンフィクション・ライターとなる。2000年、『サイレント・ボーダー』(文藝春秋)で作家デビュー。以降、警察小説、サスペンスとノンフィクションそれぞれで活動。『19歳 一家四人惨殺犯の告白』『閃光』『刑事の骨』『彷徨う刑事』『カミカゼ』『三日間の相棒』『狙撃』『12月の向日葵』『悔いてのち』『総理に告ぐ』などがある。

「2016年 『毟り合い 六億円強奪事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カミカゼ (幻冬舎文庫)のその他の作品

カミカゼ (幻冬舎文庫) Kindle版 カミカゼ (幻冬舎文庫) 永瀬隼介

永瀬隼介の作品

ツイートする