お口直しには、甘い謎を (幻冬舎文庫)

著者 : 高木敦史
制作 : オオタガキフミ 
  • 幻冬舎 (2015年11月12日発売)
2.60
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344424098

お口直しには、甘い謎を (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっとダレた。
    あまり自分向きじゃなかったなぁ。
    とりあえず学食が羨ましい。

  • 仲がいいのか悪いのかよくわからない女子二人のドタバタ謎解きもの。ストレスからドカ食いする女子高生とは書いてあったものの、量が半端ない。授業中でも無意識に食べ続けるなんて怖さすら感じる。そのカロリーは謎解きに使われるらしい。かるーい短編集。

  • おデブキャラのカンナを探偵役、痩せているが大食いの親友・サチをワトソン役に据えて日常の謎を解いていきます。
    分類は長編小説みたいですが、各章に謎を配しているので連作短編集のような体裁を取っています。
    ただ、ミステリーとしては今一つの出来。【フルーツタルトの洗礼】はペタンクを知らないのでピンと来なかったですし、唯一刑事事件を扱っている【タベルナの暴食】は食堂のおばちゃんが何故そうしたのか良く分からず。犯人の動機もちっちゃくて不満が残りました。
    しかし、性根の腐った台詞を吐くふてぶてしいカンナが強烈。そんなカンナに対し心の中で毒づくサチのツッコミも面白く、キャラクター小説としては楽しめました。

  • んー…私は少し苦手だ…

全4件中 1 - 4件を表示

お口直しには、甘い謎を (幻冬舎文庫)のその他の作品

高木敦史の作品

お口直しには、甘い謎を (幻冬舎文庫)はこんな本です

ツイートする