まいにち有頂天! 日替わり31のことば (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.93
  • (6)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 177
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784344424401

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルがどこかで聞いた熱血テニスプレーヤー的だなと思ったことは内緒。それも含めて流石登美彦氏!

    森見登美彦大好きだけど狸のお話はどうも…と思っているワタシだが、やっぱり新作は気になるというので購入。
    思いがけずポストカード集だったのでちょっと困惑しました。でも、かわいい。
    「詭弁上等!御意見無用!」がかなり好き。

    こういう名言(迷言)集、『有頂天家族』シリーズだけじゃなくてその他の森見作品でもやってほしい。やってくれないなら自分でやる。

  • 森見登美彦ファンならば手を出さざるを得ない1冊。『有頂天家族』と『有頂天家族 二代目の帰朝』の名言を31個選んで絵葉書にしてみましたというもの。この薄さで800円近くするのは高いなぁと思いましたが、絵葉書31枚を買うと思えば安いです。しかし、葉書には1番から31番まで番号が振られており、いざこれを使うとなったとき、受け取る立場で考えてみれば、その番号が気になる。いったいこれは何!?他の番号の絵はどんなの!?となると思うので、1冊丸ごとプレゼントするか、31枚を同じ相手に送りたくなるでしょう。となると、もう1冊ほしくなり、出版社の術中にハマってしまいそう。

    数々の名言のうち、私のお気に入りは、世の中には大きく分けて悩み事は2タイプしかないっちゅうやつです。どうでもいいことと、どうにもならないこと。共通するのは「悩むだけ損」。努力してどうにかなるなら悩まずに努力すべし、悩んでもどうにもならないなら悩むのは無駄ですと。ええやんか、その考え方(笑)。

  • ひとつひとつが非常によく練られた言葉だと思います。

  • 名言の数々が可愛いポストカードに‼︎
    この世界観ほんと大好き♡
    どんなに心がトゲトゲになっていても、この本読むとふんわりもふもふ包まれる気がします
    2016.01.08

  • 絵入りの日めくりというか、絵と言葉のポストカードというか。それが有頂天家族の台詞だなんて…すっかりやられた。

  • 狸界の名言の数々が、ステキでかわいいポストカードに!
    本当に森見さんってワルイ人だと思う。

  • 書き下ろし,ではなく,描き下ろしだろうて.

  • 本を開かずに購入して、家でビックリすることが時々あります。。有頂天家族の新しいシリーズだと思ってしまった。。ポストカードは可愛いので何かに使います。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

森見登美彦(もりみ・とみひこ)
1979年奈良県生まれ。京都大学農学部卒、同大学院農学研究科修士課程修了。
2003年、『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。2006年に『夜は短し歩けよ乙女』で本屋大賞2位、山本周五郎賞などを受賞し注目を集める。2010年『ペンギン・ハイウェイ』で2010年日本SF大賞、2014年『聖なる怠け者の冒険』で第2回京都本大賞、2017年『夜行』で第7回広島本大賞をそれぞれ受賞。
2010年に『四畳半神話大系』がTVアニメ化、2018年8月に『ペンギン・ハイウェイ』が劇場アニメ化された。
『きつねのはなし』『新釈 走れメロス 他四篇』など、京都を舞台にした作品が多い。
2018年11月16日、『熱帯』を刊行。

森見登美彦の作品

まいにち有頂天! 日替わり31のことば (幻冬舎文庫)に関連するまとめ

まいにち有頂天! 日替わり31のことば (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする