町奉行内与力奮闘記四 連環の罠 (幻冬舎時代小説文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.38
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (337ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344425835

作品紹介・あらすじ

「城見と浪人の遺恨騒ぎに仕立てあげようではないか」。内与力・城見亨襲撃事件さえ利用する老獪な町方ども。だが町奉行所改革に燃える亨の主・曲淵甲斐守が抜群の裁きで立ちはだかる。追い詰められた町方は、何と闇の勢力に接触。保身への執念は役人をここまで腐敗させるのか。亨に降りかかる絶体絶命…そこに思わぬ援軍が!激動の第四弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 奉行所の役人はクソだし、享はなかなか成長しないね。

  • 内与力の周囲の人はみんな賢い
    でも、ヘタを打つこともあり
    それに、なかなか気が付かない場合も
    いつものロジカル時代劇ですよん

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1959年大阪府生まれ。歯科医師。97年に第20回小説クラブ新人賞佳作に入選しデビュー。2010年『孤闘 立花宗茂』で第16回中山義秀文学賞受賞。2014年「奥右筆秘帳」シリーズで第3回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。その他のシリーズに「禁裏付雅帳」(徳間文庫)、「闕所物奉行裏帳合」(中公文庫)、「御広敷用人 大奥記録」(光文社文庫)、「百万石の留守居役」(講談社文庫)、「町奉行内与力奮闘記」(幻冬舎時代小説文庫)、「表御番医師診療禄」(角川文庫)、「日雇い浪人生活録」(ハルキ文庫)などがある。

「2018年 『表御番医師診療禄12 根源』 で使われていた紹介文から引用しています。」

町奉行内与力奮闘記四 連環の罠 (幻冬舎時代小説文庫)のその他の作品

上田秀人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする