鍵の掛かった男 (幻冬舎文庫)

著者 : 有栖川有栖
  • 幻冬舎 (2017年10月6日発売)
4.14
  • (7)
  • (11)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 170人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (736ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344426511

鍵の掛かった男 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ホテルの一室で亡くなった老人。
    はたして殺人か、自殺か…。

    大阪という地元で火村でなく有栖川が中心になって調査を進めていく前半部が旅行記を読んでいるようで面白い。
    もちろん火村が登場してからの疾走感もすごい。

  • おもしろかった!
    分厚いからなかなか読み始められなかったんだけど、読んでみたらあっという間だった。
    こんな分厚くなったのは火村がなかなか出てこないからなんだけど、アリスがじっくり探偵しつつ中之島のうんちく語ってくれるので楽しい。
    私はあの辺行ったことあるから情景浮かぶけど知らないとどうかなって感じではあるけど。

  • 火村先生が出てきてから真相までは続きが気になってページを捲る手が止まらなかった。人ひとりの人生の背景を辿ることの難しさ、そしてその行き先に待つもの。

  • 優しいお話だった。
    これぞ長編というしっかりした長編は久しぶりだったが、読みやすい文章で、長さが気にならない。有栖川有栖の文はやっぱり好きだなぁと再認識。
    プチホテル銀星ホテルで5年以上も暮らしていた老人が縊死で見つかる。そもそも彼の死は自殺か他殺か。疑問を感じた宿泊客の一人が、アリス&火村先生に調査を依頼してくるのが発端。
    前半3分の2まで、火村先生は大学の入試シーズンで手一杯、アリスが一人で大活躍する。
    私は断然火村先生ファンだと思っていたが、今回認識を改めた。アリスの優しさ溢れる真摯なところはとてもステキだ!ホテルの人たちも、アリスだからこそ心を開いてくれた(もしくは油断した)のだと思う。
    そしていい加減後半になって、登場したと思ったら20分で他殺と看破する火村先生。やっぱりかっこいい‼
    この二人がコンビを組んでるからこそ、大好きなシリーズなのだなぁ。
    密室マニアな有栖川作品なのに、物理的な密室は出てこず、被害者の人となりが今回の密室。それをこじ開けるにしても、表現の仕方が優しいと感じた。あと、中之島という区域に対するオマージュにもなっていて、いろいろな蘊蓄も面白かった。

    文庫版の表紙がムードがあってとてもステキだった。ハードカバーの時よりいいかも?

  • 火村先生の活躍は後半のお楽しみという感じで、今回はアリスがかなり頑張ってましたね!今まで読んだことないタイプの作りで面白かったです。他の作家アリスシリーズも読みたくなってきました。

  • とても読み応えのある作品。
    大阪・中之島にあるホテルで男性が亡くなった。
    事件性はないものと思われていたが、作家・有栖川の元に大先輩の作家から捜査の依頼が舞い込む。
    火村準教授と共に捜査に乗り出すのかと思いきや・・・

    ここからは個人的に驚いたこと。
    作中、知っている方の名が登場したのには驚かされた。本筋とは関係ないのだが。
    この本を読んでwikiを確認したところ、すでに数年前に他界されていた。

全7件中 1 - 7件を表示

鍵の掛かった男 (幻冬舎文庫)のその他の作品

鍵の掛かった男 (幻冬舎文庫) Kindle版 鍵の掛かった男 (幻冬舎文庫) 有栖川有栖

有栖川有栖の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有栖川 有栖
今村 昌弘
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

鍵の掛かった男 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする