秘め事おたつ 細雨 (幻冬舎時代小説文庫)

著者 : 藤原緋沙子
  • 幻冬舎 (2017年10月6日発売)
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344426658

秘め事おたつ 細雨 (幻冬舎時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • L 秘め事おたつ1

    こんなにご都合満載でいいのか。そんな作家さんだったっけ? 次から次へとうまいこと繋がってびっくり。どんだけ世間狭いんだよ、と思ったらつまらなくなったよ。

  • 両国の長屋で金貸しを営むおたつ
    口は悪いが情に厚く、困っている人を見過ごせない。
    ある日、常連客の弥之助が身投げを図ろうとする女を
    連れてくる。

    おたつと長屋の仲間の奮闘する書き下ろし新シリーズ。

    新刊のコーナーで、目を留め読むことに。
    ずっと佐伯泰英の剣劇時代物を読んでいたので
    たまには、、、、と。

    人情あふれるストーリーに、登場人物も
    性格をかき分け、実に読みやすく痛快な作品。
    次回作が早楽しみ。出来が良い!!

  • 2017年10月幻冬舎時代小説文庫刊。書下ろし。シリーズ1作目。2話構成。長屋人情ものだが、捕物もあったりして、楽しめる。おたつの秘密がところどころで明らかになるところも面白い。楽しみなシリーズが始まりました。

  • 相変わらずこの人の作品は引き込まれる。
    自分が若い頃は女性作家の作品がなかなか読めなかった。なぜだろう?
    でも、今は女性の心の変化やひととの細やかなかかわりをとても素直に受け入れている。
    ただ、年を取っただけではない何かが自分の心を揺さぶるのだろう。
    杓子定規な人生なんて、あるはずはないんだよ、と耳元でささやかれている気がする。

全4件中 1 - 4件を表示

秘め事おたつ 細雨 (幻冬舎時代小説文庫)のその他の作品

藤原緋沙子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
藤原 緋沙子
有効な右矢印 無効な右矢印

秘め事おたつ 細雨 (幻冬舎時代小説文庫)はこんな本です

ツイートする