キャロリング (幻冬舎文庫)

著者 : 有川浩
  • 幻冬舎 (2017年12月6日発売)
3.77
  • (37)
  • (97)
  • (68)
  • (7)
  • (1)
  • 本棚登録 :1096
  • レビュー :82
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344426719

キャロリング (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 銃をつきつけられ、命を狙われているシーンから始まるタイトルや表紙のほんわかイメージとはかけ離れた出だしに、まったく展開が予想つかずに読みはじめる。
    クリスマスに廃業することが決まっている子供服メーカーの社員たちと、その企業が運営する学童に通う少年とその家族。みな、問題を抱えており、無事にクリスマスを迎えられるのかをハラハラ見守る。

  • クリスマスに倒産が決まった会社で働く人達と、そこに児童保育みたいな形で預かられている男の子の話。

    家族の話。夫婦の不和など、子供にはどうしようもない理不尽な状況をどう受け入れて乗り越えていくのか。
    そこで助けてくれる人がいるかいないかでその後の人生は変わるんだろうけど、赤木みたいに根は悪人になりきれない人がいたのが読んでいて辛過ぎなかった。

  • 出てくる登場人物すべてが優しくて暖かくてすごく素敵でした。
    ポロポロと泣けてしまいます。
    切なさと暖かさ、両方を感じて胸がギューっとなるようなお話でした。

  • 最初読み始めて、あれ有川さんの作品だよね?って作者を確認してしまった。柊子が出てきたあたりで、ああ有川浩だと確信した。

    有川さんの作品に出てくるキャラクターって基本いい人だけど、この作品は出来過ぎに感じてしまった。
    ベンさんみたいなキャラクター好きだな。

  • 登場人物たちがみんなそれぞれ温かくて、愛があって、いいお話だ。
    最後もしっかりハッピーエンドで、読んでて幸せなお話ですね。
    ただ、みんないい人過ぎて、上手く行きすぎて、物足りなくなるという……、わがままな感想です。

  • 誰が一番不幸かを比べても仕方ない。
    ついつい何で自分だけがと思いがちですが、その気持ちがいかに仕様もないことかをわからせとくれる話でした。個人的には赤木さんの家族を守る為の間違った戦いが好きです。幸せになってほしいな。

  • クリスマスの日に倒産が決まった子供服メーカー、元恋人の同僚、預かった子どもの親の離婚、勤務先接骨院の地上げ、訳ありの闇金と落ちこぼれヤクザ、誘拐と身代金請求。

    クリスマスに向けたシーズンに、映画で見るとよいと思いました。

  • 久しぶりの有川浩。闇金の人達の物語もなかなか切ない。

  • 全ていい方向で終わるものだから、すごくスッキリです。
    これは良かったと思いました。

  • これだ!と思って購入。
    しかし…
    最近の私は、ちょっとやそっとでは、感情が動かない。
    もっとガツンとしたストーリーを欲してる。
    頑張ります。
    '18.03.31読書完了

全82件中 11 - 20件を表示

有川浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする