キャロリング (幻冬舎文庫)

著者 : 有川浩
  • 幻冬舎 (2017年12月6日発売)
3.77
  • (37)
  • (97)
  • (68)
  • (7)
  • (1)
  • 本棚登録 :1096
  • レビュー :82
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344426719

キャロリング (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 人生最悪だと思っている人が、人生最悪だと思っている人たちから、人生最悪だと思っている男の子を救う話。

  • クリスマスに倒産が決まっていた会社が主な舞台だけれど、そこがやっている学童保育にやってくる航平くんが話の中心なのかと思う。なかなかしっかり者で彼のために周りの大人達が奮闘。かなりドタバタなシーンがありちょっと期待外れな感じはした。そして有川さんらしいベタな恋愛話はないけれどドタバタを除けばほんわかな雰囲気で進み、そして終わる。

  • 久々の有川浩です。
    『キャロリング』とは、クリスマスイヴにキリストの生誕を賛美歌で知らせること、とあった。
    クリスマスキャロルか。

    不幸の比べっこしても仕方ない。

    主人公の大和の胸にある言葉を軸に話は展開する。
    でも、私はどちらかと言うと赤木率いるチーム・ヘッポコファイナンス(笑、勝手に命名)に愛着が湧いた。
    自由に生きるという選択肢を根っこから奪われてしまった赤木と、社会から使えないと烙印を押され、失敗すれば死を意味するような環境にいる、部下の糸山と石田、そしてレイ。
    そんな、どうしようもない三人を抱えて、赤木は裏社会に相応しくない「つましい暮らし」を送ることだけを考え、悪事を働くわけで。
    話の展開としては完全に悪役なのだけど、この四人が愛おしすぎた。

  • 最初読み始めて、あれ有川さんの作品だよね?って作者を確認してしまった。柊子が出てきたあたりで、ああ有川浩だと確信した。

    有川さんの作品に出てくるキャラクターって基本いい人だけど、この作品は出来過ぎに感じてしまった。
    ベンさんみたいなキャラクター好きだな。

  • 登場人物たちがみんなそれぞれ温かくて、愛があって、いいお話だ。
    最後もしっかりハッピーエンドで、読んでて幸せなお話ですね。
    ただ、みんないい人過ぎて、上手く行きすぎて、物足りなくなるという……、わがままな感想です。

  • クリスマスの日に倒産が決まった子供服メーカー、元恋人の同僚、預かった子どもの親の離婚、勤務先接骨院の地上げ、訳ありの闇金と落ちこぼれヤクザ、誘拐と身代金請求。

    クリスマスに向けたシーズンに、映画で見るとよいと思いました。

  • これだ!と思って購入。
    しかし…
    最近の私は、ちょっとやそっとでは、感情が動かない。
    もっとガツンとしたストーリーを欲してる。
    頑張ります。
    '18.03.31読書完了

  • 久々に読める有川作品。
    クリスマスの奇跡。

    恋愛モノ方向の作品だとハートウォーミングな印象が強いけれど、この作品も。
    家族、友達、仲間、いろいろな関係の間にいろいろな形があって、クリスマスに向かっていく。

    倒産や誘拐など安易だったり雑だったりもするけれど、人の感情の表現は素晴らしいなぁと思った。

    大和が『図書館戦争』の堂上とちょっと似てるかな?

    帯は最悪。
    これ、裏表紙のあらすじ読んだだけだってもうちょいマシなの書けるだろ!
    作者にも作品にも失礼に感じた。

  • すっきりさっぱりとしたハッピーエンドでした。「不幸の比べっこなんてしても仕方ない」おばさんのこの言葉が何度も出てきて心に沁みます。
    夫婦仲がうまくいかないお父さんお母さんと息子の航平、結婚寸前だったのに彼女と別れてしまった大和、それぞれの生きてきた環境によって好きな人との結婚には様々な思い方があります。「どうせ誰もわかってくれないから」と壁をつくって篭りたくなるときもある。けれど自分が話すのを待ってくれてる人もいたんだと最後に大和が気付けたシーンはとても良かったです。

  • 2018/02/26

有川浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする