僕の姉ちゃん (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.65
  • (17)
  • (36)
  • (33)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 443
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344427051

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • もうねぇ、凝り性なんです?
    ぜーんぶ読みたいのです。ふふ

    いろいろ心にはまったのはあるのですが
    いちいちあげたらキリないんで〜

    夕食の時、僕の姉ちゃん。
    ☆夕飯なのに食パン
    ☆2種類のチーズ、みたことない野菜が皿にのってる
    触れて欲しそうな光線を感じる「弟」
    めんどくさいので黙っています。「弟」
    まあ結局は聞かされるのですが、〜「弟」

    それからいろいろウンチクを
    「いきあたりばったり力は衰えを見せません。
    ↑(これって自分も思い当たる)
    すぐ影響をうけて、すぐするけど
    はぁ、いきあたりばったり力 」なるほど

    弟に「2日くらいなもんです。」と言われてる
    ↑たしかに。

    (熱しやすく冷めやすい。)

    漫画を文にするの、難しい、
    面白くも何もないね。
    実物はもっともっと面白い、最高!

  • 通勤電車で 読了。マスクの下で 「ふふっ」と笑っています。
    何故か 癒やされます。

  • え!リアリティーが過ぎる。
    全ページ「姉ちゃん」あるあるが詰まってて最高。
    益田ミリさんの漫画はほんとに読後が爽やかで気持ちいい。

  • さくっと楽しく読めます。
    大人になって、兄弟姉妹がこう色々話せるのって羨ましいです。

  • 手も合わせられない人と‥
    確かにと思った

  • 思わずクスッと笑ってしまう内容。
    弟がいるから共感できる部分もあったし、姉ちゃんの他者を分析するコメントにほうほうと頷きながらさらりと読めてしまった。続編も楽しみです!

  • コミュニケーションは大事。でも、こんなお姉ちゃんは嫌だなと思った。

  • 私にも弟がいたら、こんな会話するのかなーって想像しながら読みました。
    .
    弟がいる人、羨ましいなー笑

  • お姉さんの物事をズバズバという話し方や
    時にはツッコミのような話し方が軽快で、
    それに右往左往している弟が面白かったです。
    特に恋愛関係についての会話はシビアで
    なるほどと思えることがありました。

    弟が普段こんな風に姉を見ているかと思うと
    自分もこんな風に見られていたのかと
    今さらながら恥ずかしいような気がしました。

    コミックの間にある短いイラストも
    なかなか印象深いものがあり、
    自分にも身に覚えがあるものが
    あったりしたので、益田さんの人間観察力が鋭いなと思いました。

    とても薄い本で読みやすいので、
    何も考えずに笑いたいと思った時に
    また再読してみたいと思える作品でした。

  • ミリさんの本、好きだなぁ~

全38件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1969年大阪生まれ。イラストレーター。主な著書に漫画「すーちゃん」シリーズ、『今日の人生』『僕の姉ちゃん』『沢村さん家のこんな毎日』『週末、森で』などがある。川柳集『わたし恋をしている。』や、エッセイ『美しいものを見に行くツアーひとり参加』『そう書いてあった』『言えないコトバ』『大阪人の胸のうち』など、ジャンルを超えて活躍する。

「2021年 『アンナの土星』 で使われていた紹介文から引用しています。」

益田ミリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
柚木麻子
三浦 しをん
辻村 深月
益田ミリ
有効な右矢印 無効な右矢印

僕の姉ちゃん (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×