ツバキ文具店の鎌倉案内 (幻冬舎文庫)

  • 幻冬舎
3.90
  • (8)
  • (12)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 251
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (109ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344427624

作品紹介・あらすじ

代書のお礼に男爵がご馳走してくれた「つるや」のうなぎ。初デートでモリカゲさんと仲良く食べた「オクシモロン」の和風キーマカレー。七福神巡りで歩き疲れたみんなを癒してくれた「光泉」のお稲荷さん。QPちゃんの大好物「パラダイスアレイ」のニコニコパン。ツバキ文具店の店主・鳩子の美味しい出会いと素敵な思い出がつまったエッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • しゅんしゅんさんの、お馴染みのほのぼのとしたイラストを見ているだけでホッとする。
    大好きな『ツバキ文具店』の世界へスッと入れる。
    そしてますます鎌倉へ行きたくなる『鎌倉案内』。

    男爵に連れて行ってもらった「つるや」の鰻、男爵のおもたせの「光泉」の稲荷寿司、バーバラ婦人と朝ごはんを食べた「ガーデンハウス」、厄割り石の「鎌倉宮」、守景さんと初めて喧嘩した時に行った「報国寺」、みんなで食べた「なみへい」のたい焼き…書き出すときりがない位思い出のたくさん詰まった、読んでいるだけでにんまりと幸せな気分になれるエッセイだった。
    また大好きなみんなと早く逢いたい!

  • ツバキ文具店の余韻にもう少し浸りたくてこちらを読んでみました。
    物語に登場するお店は架空なのかと思っていたら、実在しているということにびっくり!
    こんなステキな鎌倉をゆっくり巡ってみたいなぁ。
    まだ読んでいない「キラキラ共和国」に登場するストーリーもあって若干のネタバレが…(泣)
    まだ読んでいない方は気をつけて!
    個人的には、飲茶キッチンフェンロンと鎌倉文学館に行きたい。

  • 鎌倉の案内本。ツバキ文具店シリーズを読んでいればなお、テンションあがります。
    調べてみたらほんとうにどのお店も素敵で、おいしそうで、たくさんメモとりました。
    鎌倉散策にすぐにでかけたくなる!!

  • ツバキ文具店を読んだ段階で
    行った事のない鎌倉に行ってみたい!って思っていたのが
    この本を読んでますます行きたくなりました。

    実在しているお店たちって事に驚きました。
    素敵すぎです。

  • 文庫本なんで、これを持って鎌倉散策なんて最高ですね。
    ぎっちり文字でうまってるわけじゃなくて、
    素敵なイラストとわかりやすい解説。

    自分も「ツバキ文具店」の登場人物になれちゃうかも。

  • ツバキ文具店のファン向けの内容でありつつ、鎌倉の観光案内本ともなっています。
    鎌倉まで一度行ってみようかな、と思っていたのでこの本を眺めて妄想を膨らませています。
    しゅんしゅんさんのイラストがいいですね。素朴だけどかわいい。オシャレだけど主張しすぎない。
    物語の思い出を振り返りながらほっこりと楽しめます。

  • 鎌倉…… 行ったことあったっけ? あったような気がするずーーーっと昔に。読んだ本に出てくるお店ってほとんど架空のものだと思っていた。「ツバキ文具店」に出てきた沢山のお店がホントにあるなんて嬉しい。鎌倉、行きたい!!
    お店に入りたい!! と叫んだ私。
    自転車に乗っては無理なので、公共交通機関だねやっぱり。歩き回れる足があるうちに行こう!!

  • 「キラキラ共和国」を読んだ勢いで一気に読みました。

    「ツバキ文具店」と「キラキラ共和国」にはたくさんのお店が出てきますが、それらが実在するお店だとは思っていませんでした。

    そこここにあるお寺に立ち寄りながら、ごひいきのお店に入ったり、お持ち帰りをしたり。そのような生活のリズムが鎌倉にあるのだとすると羨ましいなと思いました。

  • いつか行ってみたい鎌倉。
    その時はこの本を鞄の中に入れて行こう。


  • 「ツバキ文具店」「キラキラ共和国」に登場する実在するお店やお寺などを、イラスト付きで解説した作品。
    本文を読んでいる時から、知っているお店がほとんどだったけれど、イラストとエピソードで紹介されると、とっても鎌倉に行きたくなってしまう一冊。
    この本を持って、鎌倉散策もきっと楽しい♪

全18件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森 絵都
恩田 陸
三浦 しをん
三浦 しをん
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

ツバキ文具店の鎌倉案内 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする