逃げるな新人外科医 泣くな研修医2 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
4.19
  • (11)
  • (15)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 204
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (405ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344429697

作品紹介・あらすじ

雨野隆治は27歳、研修医生活を終えたばかり
の新人外科医。二人のがん患者の主治医とな
り、後輩に振り回され、食事をする間もない。
責任ある仕事を任されるようになった分だけ、
自分の「できなさ」も身に染みる。
そんなある日、鹿児島の実家から父が緊急入院
したという電話が……。現役外科医が、生と
死の現場をリアルに描く、シリーズ第二弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いい医者ってなんだろう?
    うーん、基準が分からないよねぁ。

    シリーズ二冊目、手に取った時は
    前回よりも分厚く読み切れるか心配でした
    そんな心配は、よそにスラスラ読めちゃいました。

    主人公が泣きそうになるシーン。
    私なら涙堪えず泣いちゃうだろーな。
    涙腺が毎回崩壊してたら、お医者さんになんかなれないよなぁ。
    患者さんの前で泣いたら、患者さんが心配しちゃうだろーし。
    自分が病院行って、先生に「うん?とかうーん」なんて言われたら不安で仕方ないし。

    お医者さんじゃない仕事だって、なかなか休み取れなかったりするのに
    お医者さんは、もっと大変だよな。

    第三シリーズも待ってます!

    佐藤先生目線の話も読んでみたいなぁ

  • 研修医の時よりだいぶパワーアップした隆治です。
    .
    怒られそうだから先輩や上司に質問するのをやめておこうという悪い癖もなくなってきていて、頼もしくなったなーと感じました。
    .
    患者さんの病状が急変しても冷静な対応もできるようになり、後輩の研修医にも指導する立場になって、人の死に向き合う事に慣れを感じてきている自分を、隆治は不安に思います。
    .
    隆治は客観的に自分の事を冷静に分析していますが、もう1人の隆治は泣いてばかりです。
    .
    頑張れ、頑張れと応援しながら読みました。
    .
    要領良く仕事をこなす同期で耳鼻科医になった川村。
    .
    お金持ちのお嬢様で語尾を伸ばして喋る癖があるのとは裏腹に積極的で仕事ができる後輩の研修医・凛子。
    .
    言葉や態度はきついがいつも細かい指導をしてくれる先輩医師の佐藤。
    .
    合コンで知り合ってなんとなくいい関係になってきている癒し系のはるか。
    .
    他にも沢山のとても個性的な登場人物達との交流もとても良かったです。

  • 悲しかった。

    自分の病院の患者さんみてて、
    自分の親が亡くなっていくのに、早く駆けつけてあげれなかったり。

    1、2時間しか寝てない、とか徹夜で仕事したとしても
    翌日勤務は普通で、オペまで入っていたりして、、、

    そんな状況でも
    「昨日ものすごく大変だったので、今日はお休み頂きまーす」みたいな医療従事者はいない訳で。

    大変さがヒシヒシと伝わってきました。

    医師もみんな背負いすぎず幸せになってほしいし、

    延命治療とか、抗がん剤とかは
    見直されて、良い方に変わっていくといいな。

  • よい医者は親の死に目に会えない,と嘘か誠か判らない風評を切り取った一幕.医師という立場から,よい医者とは何かという決して正解のない問に懊悩する新人であれば,それは既によい医師だと一個人として思う.

  • 「泣くな研修医」「幸せな死のために・・・」に続いて3冊目。
    「泣くな研修医」のときに研修医だった雨野くんが、外科医になって3年目。ちょっとギャルっぽい感じの研修医を後輩として指導しながらも、相変わらず気弱で、でも真面目で真摯に医療と向き合う。
    看護師の吉川さん、後輩研修医、先輩女医の佐藤、そしてコンパで知り合ったCA(だったっけ?)の女の子。魅力的な女性がたくさん出てきて、その誰と恋人関係に発展しても良さそうなところが、女性読者としては楽しめました。(私としては吉川さんが大好き・・・)。意地悪な看護師も登場してなかなか良いキャラだった。
    お父さんの病気を心配しながらもなかなか実家に帰れないところもヤキモキする。
    医療現場のあれこれ意外にも読ませる要素がたくさんあって、次作も楽しみだなと思いました。

  • 前作よりは感動が無い

  • 1より良い!気胸やられたら嫌だけど…

  • まあまあ…頑張れ研修医!

  • 色々な患者を通して成長する研修医の姿が描かれていました。他人の命を使いながらでしか学んでいくことが出来ないのは、医療従事者として働く上で大変なことの1つかもしれません。

  • 琢磨くんは5歳だよ!誤植!

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一九八〇年神奈川県生まれ。鹿児島大学医学部卒。都立駒込病院大腸外科医、福島県広野町・高野病院院長を経て、郡山市・総合南東北病院外科医長。著書に『幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと』『医者の本音』『がん外科医の本音』などがある。

「2020年 『逃げるな新人外科医 泣くな研修医2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中山祐次郎の作品

逃げるな新人外科医 泣くな研修医2 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする