オーストリア滞在記 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.61
  • (21)
  • (46)
  • (40)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 755
感想 : 53
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344430631

作品紹介・あらすじ

料理、庭仕事、ドイツ語レッスン、
ご近所付き合い……。
女優・中谷美紀の、
田舎暮らしは、忙しい。


ドイツ人男性と結婚し、想像もしなかったオーストリアでの田舎暮らしが始まった。朝は、掃除と洗濯。午後には買い物に。当初はお肉屋さんに行くも注文が伝わらず、動物の鳴き真似をしたことも。晴れた日には、自らスコップを握り、汗だくになっての庭造り。慣れないドイツ語の学習には四苦八苦。女優・中谷美紀のかけがえのない日常を綴った日記エッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この本を見て初めて知ったのですが
    中谷美紀さんは3年前に
    ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に所属する
    ドイツ人の男性と結婚
    ウィーンか、自宅のあるザルツブルクの山中で1年の半分を過ごしています。
    しばしば、別れた奥さんのところにいる娘さん(8歳)が訪れてきます、時に祖母や母と一緒に。

    ヨーロッパでは事実婚が多く、美紀さんもそれでいいと思っていたけど、このコロナ禍でオーストリア入国や夫と一緒に他の国に移動するのに「夫婦であることが公に証明されていること」がとても良かったのでした。

    そんな美紀さんの昨年5月~7月までのオーストリア滞在記です。
    ザルツブルクでの庭の手入れ。
    先妻の娘との関わり。
    ドイツ語のレッスン。先生たちとの会話。
    夫の友人や親せき近所の人たちとの関わり。
    結婚って「好きだから一緒にいる」だけじゃないんだなあとしみじみ思いました。

    美紀さんはスカウトによりたまたま女優を始め、
    そのうちに面白くなってきてどんどんハマり
    厳しい自らの基準に適う演技をしようと自らを痛みつけ
    ほとほと疲れきっていたところに夫と出会い
    「Life is too short not to enjoy」といわれ
    はっとさせられました。

    また、すでに20代のうちに「子どもを産まない選択」をしていた彼女でしたが
    〈こうして人様の子供との素晴らしいご縁をいただき、
    共に戯れたり、旅をしたり、料理をしたり、学んだり
    できるなんて夢にも思わなかったことで、
    人生をもう一度行き直しているような感覚すら覚える〉

    嘗て私にパスポート作る決心させた
    素敵なオーストリアの様子や
    いろいろな国籍の人たちとの関わりもとても面白かったけど
    一番よかったのは
    股関節に不具合を感じる美紀さんが、
    様々な分野で活躍される皆さんに施術してもらう。
    私も股関節や筋肉に興味をもっているので、
    その話がとても面白かったです。
    そこの部分だけ、あらためて書籍化してほしいと思いました。

  • 海外生活は苦労も多いとは思うけれど、オーストリアでの丁寧な暮らしが羨ましい。
    実際に作られた庭を一部でもいいから写真で見たかったな。
    エッセイを見ていると凄く真面目な方なのだと思うので、あまり頑張り過ぎずにこれからも活動してほしい。

  • 本屋で何の気なしにパラパラめくったら、ページをめくる手が止まらなくなり購入。
    ぎっしり書かれた日記から、知性、博識、真面目さなどが伝わってくる。
    女優が書いたエッセイという枠には収まらない、読み応えのあるものだった。
    少し立ち止まって自分の生き方を見直してみたくなる。
    自然に親しんでいる様子が目に浮かぶし、
    食には相当気を遣っているようだが、美味しそうでもあり、読んでいるだけでおなかが減ってくる。

    直接関係ないけど、平野啓一郎の『マチネの終わりに』は、やっぱ石田ゆり子よりこの人だったんじゃないかなあ。

  • ドイツ人男性と結婚した中谷美紀さんが、オーストリアの田舎で暮らす日々が綴られた日記エッセイ。
    私はこの日記形式のエッセイというものが好きなので、楽しく読みました。何月何日にここへ行った·これを食べた·という日常を記した文の後に、心情が語られたり、ふと琴線に触れるような言葉や風景の描写に出会えるところが日記エッセイの好きなところです。

    中谷さんのこの本も、ご主人や、ご主人とかつてのパートナーの娘·Jと過ごす日々が丁寧に綴られているなか、普通だったら知る由もない中谷さんの心の内や考えていることが書かれていて、興味深く読み進めました。

    特に、40歳になってからドイツ語を学び始めたり、たまに会う継娘Jへの思いと付き合い方、自分自身の体とも真摯に向き合う姿には、見習うことがたくさんありました。

  • 普通の小説よりも文字数が多く、中谷さんの真面目さがいっぱい詰まってて、読むのに悪戦苦闘しました。
    ドイツ語の勉強や、庭仕事、海外の知り合いとの食事や、ご主人の娘さんとの関係。
    てんこ盛りな内容。
    日記エッセイなのだけれど、キチンと細かく書かれてて大作を読んだようでした。

  • オーストリア、ウィーンフィル 、ロードバイクと興味の対象が3つも含まれる本でした。インド旅行記以来の中谷さんの本でしたが、楽しく読むことができました。相当な努力をされていることが十分わかりましたが、この様な人生を歩むことの出来る著者が羨ましい。天は二物も三物も与えるのですね。

  • 日々の食事と、継娘と、庭づくり。時々、病院通い。

    一番好きなのは、ベルトルト・ブレヒトの『三文オペラ』を読んだ日に、クルト・ヴァイルの「三文オペラ」のモリタートを聴きながら食事を摂った日の日記。

    糖質制限やアレルギーで食べられないものがあっても、オーガニックや自然食品を使い、毎日美味しい料理を作り、たまに高級レストランで食事。

    離れて暮らす夫の娘(8歳)が遊びに来れば、部屋にお花を飾り、継娘の好きな料理をつくってもてなし、三人で山や川などの自然に触れ合いながら遊ぶ。

    コロナ禍でコンサートが中止になった夫と一緒に、ザルツブルクの家の庭づくり。理想のお庭は、宿根草と陰性植物中心の自然と調和したシンプルな庭。

    臼蓋骨形成不全による変形性股関節症という病も患っているので、病院に泊まり、オゾン療法、超音波療法、レーザー療法を受けたり、アスリート用の病院でマッサージやストレッチをしてもらったりする。

    特に、夕食はレストランみたいなメニューで、真似したくなった。

    ある日の夕食①
    モロッコいんげんを茹でてゲランドの塩とブラックペッパー、オリーブオイルとゴマで和える
    サラダ菜には鮎の魚醤とココナッツシュガー、ライムで味をつけた挽肉のタイ風ラープムーサラダ
    蕎麦粉のフジッリを鶏もも肉のトマトソースにて、オレガノを添えて

    ある日の夕食②
    ホワイトアスパラガスの蒸し焼き、
    ビュレッテの付け合わせは椎茸のガーリックソテーとグリンピースを炊いたもの、赤キャベツのマリネ

    ある日の夕食③
    耐熱皿に鮭とパプリカ、ズッキーニ、トマト、タマネギなどの野菜にローズマリーやタイムなどのハーブを載せ、塩こしょうとオリーブオイルにて味つけ

    ある日の夕食④
    イクラを人肌に温めたブリニに載せて、少量のグラスフェッドバターとともに
    スミイカのアヒージョ
    リブアイステーキの付け合わせは、サヤインゲンのナムル、しいたけのガーリックソテー、ローズマリーで香りを付けたローストスイートポテト

    ある日の夕食⑤
    イクラをブリニに載せて
    グリーンアスパラガスの豚肉巻き
    にんにく、タマネギ、パプリカ、セミドライトマト、キャベツ、いんげん、鶏もも肉を煮込んだスープにディンケルのペンネを加えた

    ある日の夕食⑥
    生ハムにイチゴを添えて、ブラックペッパーを効かせた
    キュウリもオリーブオイルと塩、ブラックペッパーに金いりごまで和える
    レモングラスで風味を加えたココナツミルクのスープにはえのき茸を加え、吸い口にはパフキヌアを
    キャベツとしめじのアーリオオーリオスパゲティにからすみを添えて

    ある日の夕食⑦
    鹿のレバーパテをディンケルの極薄クラッカーDinketsとともに
    れんこんなきんぴらと山芋のソテー
    ズッキーニとえのき茸、庄内麸の赤だし
    豚肩ロースとタマネギの生姜焼きに千切りキャベツを添えて

    ある日の夕食⑧
    ターフェルシュピッツズルツェにエシャロットのみじん切りとパンプキンシードオイルを添え、パプリカのスープがそれに続く
    フィレステーキは椎茸のソテーとアスパラガスのごま和えら山芋のローストとともに

    ある日の夕食⑨
    洋梨とミニトマト、ブロッコリーを加えたマーシュサラダ。ドレッシングはマヌカハニーと粒マスタード、ホワイトバルサミコ、オリーブオイルに鮎の魚醤とブラックペッパー
    蕎麦粉のフジッリに牛肉のトマトのラグーソース

    ある日の夕食⑩
    ベビーリーフのサラダにホワイトアスパラガスやミニトマト、ゴールドキウイを添えて、蕎麦つゆにホワイトバルサミコと練りゴマを加えたゴマドレッシング仕立て
    鮭とパプリカ、ミニトマト、茹でたいんげん、ズッキーニを並べて香草パン粉焼き(パン粉にオリーブオイルを混ぜるとサクサクに焼き上がる)

    ある日の夕食⑪
    大根のステーキ
    サラダにはイチゴを加え、濃厚なバルサミコクリームとオリーブオイル、ゲランドの塩にてドレッシングを
    サルビアの葉を効かせたサルティンボッカはラムのもも肉
    付け合わせにはいんげんのゴマ和えとセミドライトマトのオリーブオイル漬け、ズッキーニの香草パン粉焼き

    ある日の夕食⑫
    パプリカをまぶした羊のフレッシュチーズ
    味噌とトリュフオイル仕立てのサラダ
    熟成リブアイステーキ
    付け合わせには椎茸のソテーと千切りにしたシュピッツコールとクミンのサラダ、スイートポテトのピュレ

    ある日の夕食⑬
    薄くスライスしたコールラビに、羊のフレッシュチーズを少しとイクラをのせてレモンオリーブオイルとブラックペッパーを添えた前菜
    サラダ菜とスプラウト、アボカドのサラダ
    ワンタンをラビオリに見立てたスープ
    オーブンで焼いたヨーロッパヘダイには、自家製のネギ油とお醤油のソース

    ある日の夕食⑭
    ズルツェにエシャロットとパンプキンシードオイルを添えた前菜
    野菜の香草パン粉焼き
    アイアーシュワーメル
    ブロッコリーとカリフラワーのアーリオオーリオパスタ、からすみを振りかけて食すと抜群においしい

    おもてなし料理
    おつまみには、山羊のチーズと桃、バジルの葉を餃子の皮で包んでオーブン焼きにしたもの
    北海道の真昆布と九州の焼きあご、冬子の干し椎茸を贅沢に使い、熊本の緒方こうじ屋の米味噌で甘めのお味噌汁
    きゅうりにラディッシュ、間引き人参、パプリカなどを、アイスキューブとともにグラスに飾った野菜スティックで、味噌だれとゴマだれ、そしてトリュフ塩を添えた
    半分のアボカドとスプラウトをお皿に盛り、お醤油とトリュフ入りのオリーブオイルをかけ、軽く煎ったひまわりの種か松の実を散らす、トリュフのオリーブオイル漬けを添えて、オリーブオイルをかける
    タンタンサラダ
    つくね蕎麦
    デザートは桃とイチゴ、3種のチーズにDinketsという古代小麦の極薄クラッカー

    【中谷美紀が食事中に流すクラシック曲など】
    ・コルンゴルト
    ・アルヴォ・ベルトの「鏡の中の鏡」
    ・バッハのヴァイオリンソナタ
    ・ハイドン
    ・マックス・リヒターの「Arrive」「Departure」
    ・チャールズ・アイヴズの「The Unanswered Question」
    ・バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとバルティータ。演奏はギドン・クレーメル
    ・チャイコフスキーの弦楽6重奏「フィレンツェの思い出」。演奏はオルフェウス室内管弦楽団
    ・ヨハン・ヨハンソン
    ・キャスリーン・バルトとイツァーク・パールマンによるバッハのソプラノとヴァイオリンとためのアリア集
    ・ベートーヴェンの弦楽四重奏1番。演奏はQuatuor Ebene
    ・Max Bruchのクラリネットとヴィオラのための二重協奏曲。演奏はYuri Bashmet
    ・ブルックナーの交響曲8番
    ・ベルリンフィルの演奏による「タイスの瞑想曲」
    ・モーツァルトの「ピアノ協奏曲27番」
    ・ベートーヴェンの「交響曲5番」
    ・エルガーの「チェロ協奏曲」
    ・マーラーの6番
    ・クルト・ヴァイルの「三文オペラ」より「モリタート」
    ・グスタフ・マーラーの交響曲6番と7番
    ・マックス・ブルッフの「コル・ニドライ」

    p82
    EUの農業や酪農の基準は日本のそれと比べるとはるかに厳しく、不自然な品種改良は許されていない上、施肥による土壌汚染やポストハーベストによる残留農薬についても厳格な基準が設けられている。酪農についても面積当たりの頭数や牧草地帯への施肥の制限がある。ましてやアメリカのように遺伝子組み換えをすることは許されていない。

    p100
    因みに小川はドイツ語で「Bach」で、よく知られた話ではあるけれど、あのヨハン・ゼバスチャン・バッハは直訳すると小川さんになる。

    p181
    オーストリアの子供達は自宅でゲームやお人形遊びに費やす時間より、自然と触れ合う時間が圧倒的に多い。ウィーンのような都会ですら、自転車で10分も走ればドナウ川の支流に辿り着き、夏は泳ぐこともできれば、さらにほんの少しだけ足を延ばして森を散策することもできる。

    p216
    この数年で山を歩く傍らにて名も知らぬ山野草を摘むことが趣味となった。こんな些細なことで十分幸せを感じることができるので、オーストリアでは所得税が高額で、可処分所得が低めに抑えられているにもかかわらず、クオリティーオブライフが高いと言われている。

    p237
    因みにドイツでもオーストリアでも住民票の申請欄に宗教についての記載がある。キリスト教徒であった場合には宗教税が課され、その資金が教会の運営や修繕に費やされる。

    p238
    私たちの暮らす自治体ではゴミの収集は有料の上2週間に一度のみで、月額約40ユーロを支払う。したがって、日々ゴミの削減に取り組むより他はなく、野菜などの廃棄物は庭の隅に設けたコンポストに収集して堆肥を作り、食事は少なめに作るか、残り物はなくなるまで食べる。

    p242
    ヨーロッパの人々にとって仕事に勤しむ最大の理由は人生を豊かにし、楽しむためであって、仕事のために人生が犠牲になってはならないと考える。

    p259
    南チロルでは同じ田舎家でもどこか洗練されていて、壁の色、建材、ドアの形、意匠のひとつひとつを取っても、オーストリア側よりもさらに美しく、それでいて人々はオーストリア的な慎ましさと心根の優しさを備えている。

    p287
    ドイツ及びオーストリアでは、閉店法により、原則として日曜・祝日の小売店の営業が禁じられている。

    p304
    ドイツでもオーストリアでも夏休みの宿題はなく、休みは存分に遊び、自然に触れる時間だという。6週間の休みの間、酪農や畜産業、農業に従事する家庭では、子供達がその作業を手伝いながら遊び、12〜13歳の子供たさが楽しそうにトラクターを運転している姿はさを見かけることも度々あるのだけれど、一般的な家庭の子供達は勉学から解放されて旅行にでかけ、ひたすら遊ぶ。あるいはあえて酪農家の営むゲストハウスに長期滞在し、家族で干し草用の草を刈ったり、家畜の世話をして楽しむ家族もいるという。

    p339
    周知の通りドイツの高速道路は速度制限がなく、誰も彼も猛スピードで走行するため、何度同じ道を走っても不安が絶えない。

  • 選択ミスであったことは否めないが、自分には合わない本だと感じた。

    ドイツ人の旦那さまとの暮らしは所謂上流階級そのもので、星つきレストランでの食事にトップアスリートも通うジムでのトレーニング…芸能人の暮らしを垣間見たい人には面白いのだろうか?
    ランチやディナーのメニューも聞いたことのないものばかりで、素敵な食卓だな、美味しそうだなと想像すら出来なかった。淡々と日々が描かれていて感情の起伏もあまりなく穏やか、悪く言えば単調。

    ドイツ語表記もアルファベットが縦、横どちらかに統一されておらず読み難い。地名・店名・人名どれなのかいまいちわからない。

  • 店頭で見つけると、必ず買って読んでいる。人生ってこういうふうにして続いて行くんだなと感じた。

  • 私自身がオーストリア人のパートナーを持ち、彼女ほど優雅ではないにしても日本とオーストリアを行き来し、ドイツ語を学んでいるので、共感するところがとても多かった。
    オーストリアは自然豊かで、人々の心も豊かであると思う。ドイツ語学習はしんどいが、より心地よく暮らすためには避けられない。
    アジア人がヨーロッパで暮らすのは、現実的にはやはり壁はあるのだと思う。
    しかし、受け入れてくれる人々と環境に感謝し、完全に融合はしなくても共生・共存はできると思う。そのためにも広い視野と前向きな思考、笑顔と体力、語学力を磨かなければと思いを新たにした。

全53件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一九七六年東京都生まれ。女優。数々の映画、ドラマ、CMなどに出演。初舞台『猟銃』では、第四十六回紀伊國屋演劇賞個人賞などを受賞。二作目の舞台『ロスト・イン・ヨンカーズ』では、第二十一回読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞。絵本、エッセイ集、旅行記の刊行など、その活動は多岐にわたる。著者にベストセラーとなった『インド旅行記1~4』『女心と秋の空』(すべて幻冬舎文庫)などがある。

「2021年 『オーストリア滞在記 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中谷美紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンデシュ・ハン...
寺地 はるな
村田 沙耶香
瀬尾まいこ
小川糸
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×