ブランケット・ブルームの星型乗車券 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344430839

作品紹介・あらすじ

ようこそ、毛布をかぶった寒がりの街「ブランケット・シティ」へ。待ち合わせは、ロビーしかない老舗ホテル「バビロン」で。日中は、「閑をもてあました消防隊」によるコンサートや影の絵画を展示する「冬の美術館」にお出掛け。夜は、本好きのための酒屋「グラスと本」で読書をしながらちょっと一杯。読むだけで旅した気分になる、架空の街の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 不思議な感じがする本。なんとなく『星の王子さま』に似た雰囲気を持つ。
    冊子の白黒具合が更に私を夢の世界に連れてく感じ。
    忙しい時間よりも、落ち着いた時間に味わいながら読みたい

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一九六二年東京都生まれ。小説を執筆するかたわら、クラフト・エヴィング商會名義による著作とデザインの仕事を行っている。おもな小説作品に『つむじ風食堂の夜』『それからはスープのことばかり考えて暮らした』『78(ナナハチ)』『空ばかり見ていた』『なにごともなく、晴天。』『天使も怪物も眠る夜』『流星シネマ』などがある。

「2021年 『ブランケット・ブルームの星型乗車券』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田篤弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×