同姓同名 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.44
  • (1)
  • (6)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 497
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344432291

作品紹介・あらすじ

大山正紀はサッカー選手を目指す高校生。いつかスタジアムに自分の名が轟く日を夢見ていた。そんな中、日本中を騒がせた女児惨殺事件の犯人が捕まった。その名は大山正紀。サッカー推薦が消えた大山正紀を始めコンビニで働く大山正紀、アニオタの大山正紀など、名もなき大山正紀たちの人生が狂い出す。登場人物全員同姓同名。大胆不敵ミステリ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 登場人物が全員「大山正紀」同姓同名に潜む、社会問題を提起した、画期的な作品でした。
    もしも、自分と同じ名前の人が、重大な罪を犯してしまったら、自分が置かれている環境が180度変わってしまうのじゃないかなと錯覚してしまいました。フィクションなんだけど、少し現実的に起こりえる問題なんだと、怖くなりました。SNSの怖さをもっと考えるべきだと感じたし、拡散の速さ、誹謗中傷の問題など、闇に隠れている部分を改めて、実感しました。

  • 下村敦史『同姓同名』幻冬舎文庫。

    主な登場人物が全員同姓同名の大山正紀という奇妙キテレツなミステリー小説。

    今や未成年と言えど凶悪事件の犯罪者ともなれば実名と顔写真など個人情報がネットに晒されてしまう。そんな時代を背景にした有り得ない設定の小説なのだが、今一つしっくり来なかった。

    日本中を騒がせた女児惨殺事件の犯人が捕まり、16歳の大山正紀であることがテレビ番組で暴露される。

    プロサッカー選手を目指す大山正紀、コンビニ店員の大山正紀、アニオタの大山正紀、会社員の大山正紀などなど犯人と同姓同名であったことで不利益を被った大山正紀たちは『“大山正紀”同姓同名被害者の会』を立ち上げる。

    本体価格830円
    ★★★

  • 下村敦史の社会派ミステリーは名人芸の域

    【闇に香る嘘】で心を惹かれ【サハラの薔薇】や【黙過】で虜になってしまいました。


    本作品は大山正紀という青年が女児を惨殺してしまい、同姓同名の大山正紀達が人生を狂わされる物語!?
    題名のとおり沢山の大山正紀が登場しますが作者は全ての大山正紀を別人格に描ききっています。


    そして、読み手は次から次へと作者の仕掛けに翻弄されてしまうでしょう!!!



    本作を読み、人を責める事は自分にとって何の得にもならないのに、他人を責める事で悦に入る時がある。

    責難は成事にあらずという言葉を心の中心に置き、自分を磨き常に前を向き、他者を思いやれる時に振り返ることができる人間に成りたいと思った。

    取り敢えず、偽りの正義感とは距離を置きたいと思った。

  • 読んでいて頭が混乱し、
    雰囲気でわかったつもりに
    なってるだけかも知れないけど
    それでも面白かった

    作者も書いていて
    混乱しないのかな?

    少し厚いし、混乱するので、
    誰にでもお薦めできる本ではないかも

    でも、好物の人には
    たまらない本です

  • SNSが嫌になるような話を想像していたが、良い意味で裏切られた。

  • 犯罪者と同姓同名だからといって、周囲の人がそんなに態度をかえるのか?という部分でモヤっとしました。
    ただ、何度も行ったり来たりして、どの大山なのかを把握しながら読み進めましたが、見事に騙されたので楽しめました。

  • 注意深く読まないと誰が誰だかわからなくなりそうだが、注意深く読めば同じ名前でもきちんと読み分けらえる書き方がなされている。
    気を付けて読んだつもりだったけど、思い込みに騙されたところがいくつもあった。今までに読んだことのないタイプでなかなか面白い趣向だなと思った。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

一九八一年京都府生まれ。二〇一四年『闇に香る噓』で第六十回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。一五年「死は朝、羽ばたく」が第六十八回日本推理作家協会賞(短編部門)の、一六年『生還者』が第六十九回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)の候補、一八年『黙過』が第二十一回大藪春彦賞の候補になる。『真実の檻』『告白の余白』『ヴィクトリアン・ホテル』など著書多数

「2022年 『同姓同名』 で使われていた紹介文から引用しています。」

下村敦史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
浅倉 秋成
織守 きょうや
伊坂 幸太郎
N
道尾 秀介
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×