Rozen Maiden(4) (バーズコミックス)

著者 :
  • 幻冬舎
3.42
  • (105)
  • (61)
  • (460)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 1254
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・マンガ (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344805057

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表紙通り、翠星石と蒼星石の話がメイン。
    プラス、雛苺メインの話。
    そして、第2ドールの金糸雀(かなりあ)が登場。
    ラストで、水銀燈が…。

    金糸雀、かわいい…^^

  • 片腕をなくして、気丈に振舞いながらも落ち込んでいる真紅のために、ジュンは腕を取り戻す冒険へと出かけます。
    少しずつ、誰かのために行動できるようになってきたジュン。
    自分のトラウマ過去と戦いながらも、ようやく腕を手に入れます。

    前半は、翠星石と蒼星石のの対決で切なくなり、後半は、自称策士のドジっ子金糸雀が登場して、ことごとく侵入作戦が失敗する様子に笑います。

    人形同士。人形とマスター。双子の人形。いろいろな絆についてそれぞれが考える巻となっています。

    翠星石は、とっても内気で儚げな風貌なのに、かなりいじめっ子で腹黒いですね。
    餌食はもっぱらジュンと雛苺(笑)。毒舌が作品にコメディタッチを招いています。
    真紅が水銀燈の顔を、力いっぱい殴ったのが、なかなか衝撃でした。
    虫も殺さないようなかわいい顔をしておきながら、やることは容赦ないですね。。。

  • 4344805054  154p 2006・2・20 9刷

  • 双子だいすき。<br>
    <br>
    翠星石・蒼星石がいればそれでいいです。

  • 【Y】

  • 大嫌いで大好きなもうひとりの自分に。絡まって歪んだ過去に、さようなら。蒼星石に涙。水銀燈に絆パンチ。ドジでキュートな策士、金糸雀は今日も作戦大失敗。

  • とにかく絵が綺麗。
    PEACH-PITさんらしい絵。

  • この巻はシリアスです。翠星石と蒼星石の話が悲しいです。後半は金糸雀が登場します。

  • 激動の4巻である。


    銀様がヤバいことをしちゃいます。
    蒼星石も好きなのに・・・銀様ちょっと酷い。
    そして怒った翠星石も可愛い。

    みんな可愛いなぁ。



    その後のポスト編とか雛苺可愛すぎる・・・・・ww

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

PEACH-PIT(ピーチ・ピット)
「千道万里」、「えばら渋子」による二人組女性漫画家ユニット。千道は主にシナリオ・プロットを、えばらはネームを担当し、作画は両人とも行っている。
代表作に『ローゼンメイデン』『ZOMBIE-LOAN』『しゅごキャラ!』。

PEACH-PITの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
天野 こずえ
天野 こずえ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする