束縛の甘い罠 (リンクスロマンス)

制作 : 松本 テマリ 
  • 幻冬舎コミックス (2005年3月30日発売)
3.14
  • (2)
  • (5)
  • (16)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :57
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344805446

束縛の甘い罠 (リンクスロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幼馴染 高校生 ワンコ攻 同級生

  • 綺麗でかっこよく、女の子に人気のある和弥は、幼なじみの雄斗にひそかに恋心を抱いていた。そんなある日、雄斗の元にバレンタインの本命チョコが届けられる。焦った和弥は、雄斗と女の子の関係を進展させないようにいろいろと画策するが、ハプニングから思いがけず雄斗とキスしてしまう。その日、雄斗の家でレッスンと称して彼を誘った和弥を、雄斗は激しく抱いて―!?恋の真理は騙しあい?高校生同士のハプニング・ラブ登場。

  • 幼なじみの高校生カップルのお話です。
    ああ…やっぱり私、高校生カップルはダメでした。
    どちらかが高校生で、片割れがオトナのカップルで
    年下攻めだと“萌え〜”なんですが。f(^^;)

    めっちゃもてる受けちゃんが好きになったのは、幼なじみのクラスメイト。
    バレンタインに「本命チョコをもらった」と、うれしそうに見せる攻めさまの
    恋路の邪魔をしようと画策し始めます。

    攻めさまのデートの邪魔をしたあげく、2人乗ったボートから落っこちて
    攻めさまの家に行き、お風呂に入っちゃって。
    あらら…なぜかHになだれ込んじゃいました。

    えっえっえっ…と早い展開に「どうしたの〜?」とこちらが慌てました。
    何でこうなるの?と。
    このあたり、そうなっていく2人の心情がもう少し伝わればなぁ…と思いました。
    まぁ、高校生なので仕方がないのでしょうが。苦笑

    見かけはワンコ系の攻めさまですが、本当は結構な策略家だったようで
    受けちゃんの方が、罠にはまっちゃったって事だったのかな?
    ん〜、よくわかりません。f(^^;)

    初めて読んだ、この作者の作品がまったく肌に合わないものだったので
    それ以降近寄っていなかったのですが、物は試し…と再チャレンジしてみましたが
    やっぱりダメでした…。
    3度目はなさそうです、残念ですが。

  • ●感想●
     <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?link_code=ur2&camp=247&tag=makishome09-22&creative=1211&path=external-search%3Fsearch-type=ss%26keyword=%25E3%2583%2590%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2590%25E3%2583%25A9%2520%25E7%2589%2587%25E6%25A1%2590%26index=books-jp">バーバラ</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=makishome09-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />先生曰く、『策略わんこ攻(オオカミに育ち中)×水もしたたるいい男受(でも報われない)』。あとがきに納得、私も『人魚姫タイプの受萌え』でございます。

    ☆束縛の甘い罠(小説リンクス掲載)
    空回りしてる和弥が健気で可愛くて、乙女入ってます。思いっきりスキスキ光線が出てる気がするんですが・・・。実は密かに意地悪だった雄斗、もっと鈍感な奴だと思ったんですけど。苛めると和弥の反応が可愛いんで「もっとやれ〜」って感じでしたが。
    ストーリー半分Hシーンという長丁場です。ホントにこの人達初めてなの!?ってくらい激しくて巧いです、高校生らしからぬ絡みです。こういう方が好きなんでいいんですけどね。
    <blockquote>「ねえ」
    唇を近づけたまま、雄斗が瞳を細めた。
    「−−これからどうすんの?教えてよ」
    ずるい男の顔をしていた。
    忠実な犬だと思っていた雄斗のこんなまなざしに、どきりと鼓動がはねあがる。驚くのと同時に、今まで知らなかった雄斗の顔に、また惚れ直しそうになる。

    「誘ったくせに」
    耳元に、かじりつかれた。濡れた音を立てながら、耳朶をなぶられる。
    「ん・・・っ」
    首筋から背筋まで、ぞくりと粟立った。
    「俺が満足するまで責任とってよ。」
    傲慢で、強引なささやきだった。
    子分のつもりだった雄斗のこんな変貌が悔しい。もっとどうにかなるぐらいまで、俺をむさぼってくれればいい。頭が真っ白になって何もわからなくなるぐらいまで、雄斗に抱かれたかった。
    −−こんなのって・・・。</blockquote>
    ☆束縛の甘い夜(書き下ろし)
    満員電車→駅のトイレ、ボート小屋の裏・・・親と同居の高校生は大変です。でも、あの体位で腰痛めるまで・・・って若いな〜。最後にちゃんとベットの上でやらせてあげたかった!?
    天の邪鬼な和弥に、自然と甘えられるようになるまで待つっ・・・て雄斗、永遠に来ないのでは?私も和弥が作ってくれるお菓子を食べた〜い!でもちょっとした味まで相手に合わせるって和弥、かなり乙女です、お菓子作ってる時点でそうか・・・。

    <blockquote>−−和弥にとっては負けなんだろうな。俺に惚れたのって。
    昔から自分の手下としか思ってなかった男に惚れて、しかもバレンタインのチョコレートまで贈ってくれたのだ。それがいたく和弥のプライドに響いているらしい。
    −−そのギャップがかわいいんだけどね。
    昼の淑女と夜の娼婦。
    男の萌えツボだというが、和弥が甘えてくるのは抱かれるときだけだ。エロい顔を見せた後にはなおさら雄斗に冷たく当たる。照れてるだけだとわかってしまえば、どんな憎まれ口をたたかれても平気だった。</blockquote>

    ●あらすじ●
    綺麗でかっこよく、女の子に人気のある和弥は、幼馴染の雄斗に密かに恋心を抱いていた。そんなある日、雄斗の元にバレンタインの本命チョコが届けられる。焦った和弥は、雄斗と女の子の関係を進展させないようにいろいろと画策するが、ハプニングから思いがけず雄斗とキスしてしまう。その日、雄斗の家でレッスンと称して彼を誘った和弥を、雄斗は激しく抱いてー!?恋の真理は騙しあい?高校生同士のハプニング・ラブ登場!?

全5件中 1 - 5件を表示

バーバラ片桐の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする