リバティ・リバティ (バーズコミックス ルチルコレクション)

著者 : 高永ひなこ
  • 幻冬舎コミックス (2005年5月24日発売)
3.27
  • (8)
  • (34)
  • (105)
  • (8)
  • (0)
  • 本棚登録 :293
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784344805583

リバティ・リバティ (バーズコミックス ルチルコレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カメラマン×拾われた男

  • 絵がいいですの。

  • 最近の高永さんでは珍しい、可愛い受け。
    濡れ場はないし、キスもやっと最後の方に出てくるけど、心理描写がやっぱりとても上手いので最後まで楽しかった。
    続編あればなあ。
    もしくは脇役のスピンオフ。

  • 2005年の作品。以前に読んだ作品よりも見せ方がぐっと上手になってる気がしました。お話の流れはいいけど、萌えるシーンが少なかったが惜しい。

  • スパッとくっつく訳じゃなく、なんとなくじわじわとって感じが個人的に微妙でした。そこが良いのかもしれないけど。

  • 現地本屋にて翻訳版から、
    立ち読みして面白そうだったんでオリジナル購入。

    ベッドシーン無。高永先生お得意のドタバタラブコメ。

  • ★3
    読了日:08/2009 出版日:05/2005

  • BLというよりは少女漫画みたい。
    頼りになる人を頼って、いつの間にか恋だと自覚して。

    主人公の至が過去に傷を負いながらも、
    徐々に成長していく姿がいいですねー。

  • なんかいじらしい、というかなんていうか・・どこでラブラブになったとか、その後とか結構曖昧です・・個人的にはクルミちゃんとの関係が気になります。

  • 甘えてることに気づかせてから甘えさせてあげてるのが好き。

全17件中 1 - 10件を表示

リバティ・リバティ (バーズコミックス ルチルコレクション)のその他の作品

高永ひなこの作品

リバティ・リバティ (バーズコミックス ルチルコレクション)はこんなマンガです

ツイートする