愛で暴く (リンクスロマンス)

著者 : 水戸泉
制作 : 御園 えりい 
  • 幻冬舎コミックス (2005年5月29日発売)
3.32
  • (2)
  • (3)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344805668

愛で暴く (リンクスロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 見知らぬ部屋で目覚めた若木圭介は、全裸で監禁されていることに気付き驚愕する。
    そんな圭介の目の前に突如、失踪していた親友・久我山新が現れる。
    かつて彼に迫られ逃げ出して以来、圭介は行方知れずになっていた新をずっと探していた。
    自分の無責任な言動が、彼を傷つけたのではないかと気に病んでいた圭介は、五年ぶりの再会を困惑しながらも喜んだ。
    しかし、新は極上の笑みを浮かべ、悪夢のような言葉を圭介に突きつける。
    『私の女になれ』と…。

  •  何となく……こういうのはこういのでいいと思う。
     でもなんとなく、こっちはこっちで「BL」って感じじゃない気もするんだけど。
     かわいい感じのを読みたい人にはオススメできないけど……濃いのを読みたい人にはオススメです(爆)
     まぁ、色々ツッコミたいことはいっぱいあるんだけど……。

     点数的には65点。
     たまにはこんなのもいいんじゃない? ってことで。

  • 刑事の若木圭介は、ある日全裸で監禁される。
    しかも自分を監禁したのは、大学時代の親友で5年前に自分に迫り、姿を消した、久我山新だった。

  • 前半の攻めキャラ、よかったです。後半はもっと受けを翻弄しちゃってもよかったのになあ、と。そこがやや惜しい。

全5件中 1 - 5件を表示

愛で暴く (リンクスロマンス)のその他の作品

水戸泉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする