いつでも鼓動を感じてる (幻冬舎ルチル文庫)

著者 :
制作 : 梶原 にき 
  • 幻冬舎コミックス
3.28
  • (8)
  • (12)
  • (53)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :182
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344806351

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 続編

  • キモくはなかったけれど、ウザい兄弟登場でしたねぇ。 せっかく甘々の始まり?とか思っていたのにどんどんヘタレになっていってるし! 前作もヘタレてたのにそれ以上ってどうよ!って思いながらも元にぃなりの葛藤があったんでしょうね。 なんだか佳弥が気の毒でしたね。

  • 2ですね‥元就の過去 暗いイタい(笑) 元就にとっては、過去も今も、佳弥だけが第一で大切なのはよくわかった。佳弥は家族や元就に、ほんとに愛されて育ったから、心の芯が強いんだろうな〜佳弥が大人になったら、元就は尻に敷かれて、ついでに組み敷かれてそう

  • 元就×佳弥シリーズ2作目

  • 『いつでも瞳の中にいる』
    ⇒『いつでも鼓動を感じてる』

  • 「いつでも瞳の中にいる」続編
    絵柄があんまり好みじゃないのかも。挿絵に萌えない。
    ラスト、ようやく元就も腹くくったかって感じです。

  • 元就×佳弥シリーズ-02

  • 『いつでも瞳のなかにいる』の続編です。

    前作のようなストーカーは出て来ないですが、とにかく主人公くんの態度がうじうじしていて嫌になりました。

    この作品は何を読ませたかったのだろうと疑問に感じるほど、崎谷さんの作品らしかぬ仕上がりに残念に思いました。

  • 佳弥はよほどしっかりしてるよ...。

  • ストーカー事件後、引っ越しを余儀なくされた佳弥は元就と生まれて初めての距離感を覚える。その上、新しい彼の事務所には無駄な色気を振りまく晴紀という男が居候し、元就に問いかけても「依頼人だ」としか答えてもらえない。あげくいつまでも過保護にされて気が重い佳弥の周辺に、妙な男が出没した気配もある。大きな事件を経て、周囲の心配もわかるけれど、自分はそんなに弱くもない。元就とも喧嘩ばかりで、苛立ってたまらないと慣れない夜遊びをすれば、偶然助けたうつくしい女性が佳弥に親密に近づいてきて――。

全14件中 1 - 10件を表示

いつでも鼓動を感じてる (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

崎谷はるひの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

いつでも鼓動を感じてる (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする