しなやかな熱情 (幻冬舎ルチル文庫)

著者 :
制作 : 蓮川 愛 
  • 幻冬舎コミックス
3.97
  • (82)
  • (56)
  • (77)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 540
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344806993

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み直し。
    やっぱり面白い!
    まだまだ先があると思うとワクワクして、続き物ってすきです。

  • 慈英が時折見せる狂気が◎。崎谷先生の書かれる献身的な攻が好き。

  • 事件もの警察ものが好きなので買ってみた。
    臣が慈英より年上というのが信じられないほど、なんというかチャカチャカした性格。大人になるのが楽しみです。
    慈英はちょっとずれてる感じが好き。ずれてるだけで大人という訳ではないんだろうけど、臣が落ち着きがないぶんそう見える。余裕のない慈英が見てみたい。
    シリーズものということなので、続きが楽しみ。

  • じえおみシリーズ1作目。
    CD先聴きだったせいか脳内は完全に三木×神谷。
    不器用な2人の恋愛序章。

  • 幻冬舎ルチル文庫では『ひめやかな…』よりも後の発刊となるけれど、慈英×臣シリーズの第1弾。

    現実だったら、刑事がこんなこと(同意もなく自分の方から相手に手を出す)するなんてまずあり得ないでしょうって感じだけれども、そこはファンタジーってことで。
    …もしあったとしたら、それはある意味犯罪…

    慈英視点で書かれた『しなやか…』でも臣の卑屈感はつかめるけれど、臣視点の『さらさら。』では、卑屈感満載(笑)
    普段は卑屈な人ってイライラするだけだけど、臣の場合はなんだか許せる…というか、そこが「かわいい!」w

  • 臣から押し倒すとは思わなかった。元気で爽やかなイメージからは思いつかなくて驚きました。そんな臣がスイッチ入るとエロくなるのが読んでて楽しかったです。
    不器用で人間関係に臆病な二人の始まりの物語。

  • じえおみの原点

  • やっと読んだ

  • 慈英×臣シリーズ1作目。
    臣の誘い受け可愛い。
    臣と刑事さんの関係がいい。

  • ドラマCDで内容は知っていたのですが、
    だからこそ読むのが遅れました。
    やっと読んだ。これで続きが読めます。
    続きが楽しみです☆

全37件中 1 - 10件を表示

しなやかな熱情 (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

崎谷はるひの作品

しなやかな熱情 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする