きみと手をつないで (幻冬舎ルチル文庫)

著者 :
制作 : 緒田 涼歌 
  • 幻冬舎コミックス
3.68
  • (38)
  • (38)
  • (85)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 359
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344809154

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドラマCDから入った作品。
    先生の性格について、キャラ付けの一言で終わらせず、カウンセリングや治療についても本文で触れていたので、リアリティがあって、引っかからずに読めました。

  •  金髪で長身、アロハシャツを身にまとった男・兵藤香澄の仕事は家政夫。見た目とまったく沿わないその仕事に香澄は誇りを持っていて、今までクレームを受けたことが一度もなかった。
     しかしながら、今回の新たな依頼は少々厄介。
     依頼人は「神堂風威」という名のミステリー作家。
     しかし、そのこと以外に彼に対する情報は一切貰えず、引継ぎに対する最低限の情報すらももらえなかった。
     そんな最初から困難を感じる依頼に、頭を抱えていた香澄の前に現れたのは、なぜかしどけない格好をした青年。
     思わず、家政夫の依頼者である作家の趣味を疑ってしまうが、青年は「自分が神堂風威だ」と言う。
     てっきり、物語のおどろおどろしさから、自分よりも年上の中年以上の男性を想像していた香澄は驚く。
     しかも、空腹により目の前で倒れられてしまった香澄は驚愕。
     パニくる香澄の下に、出版社に勤めていて、実質的に神堂のすべてのマネンジメントを引き受けているという仲井から連絡が入る。
     その仲井と神堂のただならぬ仲である様子を見せられ、香澄は微妙なモヤモヤが胸の中に湧き上がるのを感じる。
     また、自分で着付けもできないにも関わらず、浴衣を着ている神堂の着付けをしていると、その肢体になぜかクラクラしてしまう自分に気がつく……
     すべてを自分のモラルの中に押し込めて、普通の雇用主と家政夫の関係でいようと努力をするが、「今度結婚するんだ」という仲井の言葉に酷く落ち込む神堂の姿に遂に、一線を越えてしまう。
     そのことに酷く落ち込み、一時は、クビにしてもらうことも考えた香澄だが……

     という話でした。
     実は自分よりも年上であるにも関わらず、過敏すぎる感性を持っているが故に、殻に閉じこもり、情緒面が育っていない神堂にクラクラしっ放しの香澄のラブラブの話。
     鎌倉についてのきれいな話もいっぱい書いてあるので、ちょっとした観光本にもなりそうなくらい、作者さんの鎌倉に対する愛にも溢れています。

     ワイルドだけどキレイな年下攻めとちょっと幼系の受けの話でした。
     まったりした感じの恋愛話が好きな人にはオススメだと思います。

  • 攻めがいい男だった!!!!

    しかし、幼馴染の編集者・・・この人すごいずるい。
    人ひとりの人格を壊したことに気付いてない。
    そしてそれを攻めに押し付けて結婚に逃げる様な形で最低なやつだなぁ。

    でも、それ以外はなかなか面白かった

  • ややショタ 素直デレ 

  • 「ほのぼの…」なのかもしれないけれど、
    こういう受は苦手でいまいち好きになれなかった。

  • ⇒『きみと手をつないで』
    『きみの目をみつめて』

  • 日常生活能力、コミュニケーション能力が破たんしている受の先生(ホラー作家)と人のよい、しかも自分の仕事(家政婦)にプライドを持って挑む攻の香澄。
    お互いの気持ちが急激にお互いに傾いていく過程がとってもよかったです。
    すごく面白かったv

  • 家政夫×小説家の年下攻
    2/29に続編が出るとのことだったので
    「それは前作を読まねば!」と購入。

    裕の思考パターンが好き。
    「不思議ちゃん」と言われてるけど
    実は天才すぎて常人より何歩も先が見えちゃうだけなのかな、と。
    崎谷さん作品の慈英にちょっと雰囲気というか系統が似てるかな~キャラ的に。


    武藤が初めて裕のためにごはんを作る場面が好き。
    武藤のごはんをみて「きれいだねぇ」と言った裕の感性に惚れた☆

  • ノベルズの文庫化。加筆修正版。
    人に慣れず引きこもりのままの作家・神堂の家に住み込みで家政婦に入った香澄。

    ノベルズ版との違いは香澄の微妙な心理描写が増えたこと。香澄の何故家政婦になったのかを香澄自身の言葉で神堂に語らせたことで、神堂のみならず読んでる方も香澄を理解するのが容易かったこと。
    同人誌収録作品(神堂目線)を加筆修正して掲載。ショートを書き下ろしとHシーンがノベルズ版より増えてしかもエロ(笑)
    こういう純情な受けの場合、一度知った快楽には従順よね。

    年下攻め・天然受け

    イラスト:緒田涼歌

  • ラキアノベルズ同タイトル作品の文庫化 

    ・初出 
    きみと手をつないで……ラキアノベルズ「きみと手をつないで」(2002年10月刊)を加筆修正 
    海まで歩こう……同人誌収録作品を加筆修正 
    おいしい生活……書き下ろし

全39件中 1 - 10件を表示

プロフィール

小説家。3月16日生まれ、九州出身。
1998年、『楽園の雫』でデビュー。
ブルーサウンドシリーズ」や「白鷺シリーズ」「グリーン・レヴェリーシリーズ」など、多くのシリーズ作品を生み出したほか、漫画原案なども手掛ける。代表作として『トオチカ』など。

きみと手をつないで (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

崎谷はるひの作品

きみと手をつないで (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする