夜刀の神つかい 12 (バーズコミックス)

著者 :
  • 幻冬舎コミックス
3.74
  • (7)
  • (3)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344810792

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『夜刀の神つかい』全12巻

    読んだ。
    めっちゃのめりこめる。
    すごい世界観。

    簡単に言うとヴァンパイアモノだが、独自の設定がうまいこと機能し深みを与えてる。現代と過去、時系列もこねくり回される。

    絵が上手すぎるよお!!泣


    -----------------------------------

    本作屈指の名シーン。
    久米巡査とクラハの命のやりとりはしびれる。読者の私も望んでいた。この作者わかってる、わかってやがる。

    初期からの強キャラと、名脇役の戦い。久米巡査は主人公では無い。

    刹那で、わかちあう2人。でも仲間にはなれない。敵だから、対立してるから。最高じゃないっスか。



    -----------------------------------------


    そして時代遅れのヤンキー「カジ」とエリート「ハセ」の凸凹コンビ。喧嘩ばかりしてる2人の絆。夜のドライブは悶えてしまうよ…。あえて書かれた浜あゆの歌詞がロマンティック演出してる。マジのホモ。何気ないシーンでキャラの肉付けするの上手い。

    人類の敵側なのに、愛しいと言わざるを得ない。



    --------------------------------------------


    この漫画、ラストで神作品になったと思う。昇華された。
    完敗だ完敗だ…。アイムルーザー。いやウィン。

    5月には読み終わってたが感想書けてなかった。
    感想ツイ、主人公に全く触れてないけど。全キャラ濃いから書ききれないの。他にも主人公のことが好きなホモとか、歪んだ愛をもつ室長とかいる。

  • 強引なところもあるけど気にならないでき。要所要所に面白いと感じる描写がつまっている。個人的には、SF的な要素を入れずハード伝奇物的な内容で引っ張ってもらっても良かったかな。久米と課長が・・・

全2件中 1 - 2件を表示

奥瀬サキの作品

ツイートする
×