セラピストは眠れない (幻冬舎ルチル文庫)

著者 :
制作 : 金 ひかる 
  • 幻冬舎コミックス
3.55
  • (11)
  • (28)
  • (43)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 198
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344812079

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いい具合のすれ違いw
    碓氷の可愛いこと。

  • セラピストは受でも攻でもなかったのですね
    心理用語飛び交うBLをちょっとだけ期待していたのですが
    違いました…

    背後霊的3人称なのですがどうにも視点がばたばたするので
    読みにくく感じました
    でもお互いの気持ちのズレみたいなものはわかりやすかったですね
    特に後半の「歯痛だ」とかなんとかそういうところ

    外村(攻)がまたもうちょっと変わった職業だったら、よりおもしろかったような気がします
    …歯医者とか
    …ウエディングプランナーとか
    正体がばれる瞬間がよりBL的にドラマチックになったのかなあと

  • 設定も物語も面白かったしエロさもバランス良くいい感じだった♪

    ノンケで面倒見のいい誰にでも大らかなそうな営業マンが、自嘲的な表情するほどに、受けにハマっていくとこがハァハァしたwwwしかも似合わない出張ホストてww 心療内科医は良い役者だったなぁw けしかけてるとしか思えない描写がツボだった♪ 歯医者嫌いとか笑えるとこも楽しい。

  • 一筋縄ではいかないツンデレ美形年上男にだんだん陥落する年下攻。
    外村が出張ホストの代役で言った先に待っていたのは、恋愛なんて面倒は一切抜きで、金で男を買うようなクールビューティー碓氷。外村は男相手だとは知らず、もちろんゲイではないので当然使い物になりません。なのに「あんた、こんなことはやめたほうがいい」なんて、しなくてもいい説教までしてしまう直球男。
    ふつうならH不成立でここで話は終わりのはずですが、この二人は何だかお互いが妙に気になって、不本意ながらもホストと客の関係が続きます。

    碓氷は砂原センセ得意のひとくせもふたくせもある受けキャラ。精神的には繊細だけど、Hに関しては微妙に未熟で鈍。歯医者と食べ物に関しては子供並みなのに、冷めていて物事を達観しているかんじ。
    けれど、外村によって次第に人間らしい愛情に目覚めていきます。
    そんな碓氷に魅かれて、眞野に嫉妬心を抱き、最初は役に立たなかったのがとうとう攻めまくるまでに変化していく外村が、見ものです!ノンケが立派な攻に成長するのは、ものすごーく萌える。

    そこに至るまでのじりじりするような心理描写もいいし、碓氷に愛を抱いた外村が激しく迫るところもドキドキするし、金銭での関係に互いが悩むところも胸が痛くなるし…

    ただ、碓氷と眞野の関係には本当にそれだけ?とちょっと疑問に思ったけど。あれじゃ絶対に眞野が結婚するのが悲しくて泣いてたんだと思うんですけど。うれし泣きには見えない…

  • ★4
    読了日:? 出版日:01/2008

  • 砂原先生の変わった子受け、そして貧乏萌えが楽しめるw。
    もちろんエロいよ!
    CDもキャストがはまり役で最高でした!

  • ツンデレ!ツンデレ!

    デレるところに激しく萌えた

  • 2009年1月15日

  • ツンデレ萌え

  • とってもハートフルなお話

    愛する事、愛される事を知らない人生に冷め切った
    経済アナリストの碓井くんが、客となんちゃってホスト
    として外村くんに出会い、本能的にその温もりに惹かれ
    そのような自分の中の感情にうろたえながらも、
    実に不器用に彼なりの方法で近づいて、
    何度かドタバタしながらも、外村くんの愛情に包まれて
    ハッピーエンドへと向かうとても心温まる恋愛物。
    ツンデレ受です。

    ビンボーだけど、ほのぼのしたい方にお勧め。

全13件中 1 - 10件を表示

セラピストは眠れない (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

砂原糖子の作品

ツイートする