ヘタリア Axis Powers

著者 :
  • 幻冬舎コミックス
3.88
  • (1163)
  • (728)
  • (1392)
  • (60)
  • (19)
本棚登録 : 6921
レビュー : 774
  • Amazon.co.jp ・マンガ (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344812758

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 友達にこの本をもらって、初めは国の擬人化とはどういうものだろうと思い読んでみたら、すごく面白かった。
    各国の性格や特徴がすごくわかりやすく漫画になっており、世界史が嫌いな人でも、楽しく読める。それに、さまざまな国が登場するので、今まであまり海外に興味がなかった人も、興味が持てるような本。
    戦争の話から政治や文化のことまで漫画になっているので、勉強になる。

  • 漫画は極力登録しないつもりだったけれど、
    世界の勉強になってるからいいかなー、と思い登録してみた。

    個性的なふわふわした絵が可愛くて、
    ギャグなのにたまに感動させられることがちょっと悔しい。つまり、良い。

  • 絵が古いけれど昔からサイトを見ていた私には満足。
    皆可愛いなー。世界史もこれなら好きになれそうです。

  • 日独伊かわいすぎます!

  • 友だちに勧められて、始めて目を通した時は好きになれなかった(笑)
    イラストがお気に召さなくて。でも今見返してみると、愛着が出てくるのよね。不思議だわぁ。
    ヘタリア大好きです。

  • 友達にすすめられ、買いました。

    何コレ…!!超ハマる!

    個人的には、ドイツとフランスが好きです。
    日本もきゃわいいですよねー♥

    • fuyuzakuraさん
      私もヘタリア大好きです!!
      最近、グッズ集めてます!!!!!
      私もヘタリア大好きです!!
      最近、グッズ集めてます!!!!!
      2012/01/26
  • 国家擬人化Web漫画です。
    絵が雑談と思われがちですが慣れますよ!w
    というか絵かわゆくてとても好きです。
    日本のキャラがまじ日本すぎて始めてみたときは笑ってしまたwww
    作者さん国の特性をよくとらえて擬人化しているなぁと愛を感じられます。
    コミカルで笑えます。2巻まで持っています。
    3・4巻もほすぃ…

  • アニメから。国の擬人化なんて盲点でしたぁ。各国の特徴がキャラの性格に上手く反映してて面白~い。ヘタレのイタリア=ヴェネチアーノを中心にドイツや日本やイギリスやアメリカや諸々が絡んでてんやわんや。アニメの方がイタリアのヘタレぶりや作風のわやわや感が上手く伝わってきて好きかもしれない。あと解説や注釈はあるけど、世界史の知識がもっとあったなら心底笑える場面が満載だろうにと思うとちょっと悔しい。いつか会津に行けた時には、ポンペイの柱とドイツの石碑を見てみたいと思います。ちなみにマイペースなオーストリア、万年発情期のフランス、手間のかかるイタリアに囲まれて気苦労が絶えないドイツが好きです。

  • Webの方ではまって買った一冊。
    Webじゃ見れない話もあってお得♪

  • 購入済み

    出版社 / 著者からの内容紹介
    遊び好きで女好き、逃げ足の速いヘタレだが、愛すべきイタリア! 「彼」と愉快な世界の仲間達が繰り広げる抱腹絶倒シニカルギャグ

    ひょんなところでこの漫画を知ってHPは見ていました。
    mu-taroが漫画にもなっていると教えてくれたので、とりあえず1巻だけ購入。
    うん、ドイツさんかっこいい。イタリアどうしょうもない。ハンガリーがかわいいです。
    ポーランドが出てくるのはまだ後の巻かしら。
    でもこの絵で1050円。。。。。高いなぁ。

  • 書籍化を機に読んでみたら、ハマってしまった漫画。
    癖のある国や、あまり馴染みのない国も、皆可愛く描かれていて
    今までよく知らなかった国の歴史や文化に、興味を持つようになりました。
    大学は西洋史だったので、授業中なんだかニヨニヨしてしまったり(笑)

    国の擬人化、しかもWW2のころの日独伊が主人公なんて、
    初めて聞いたときは正直、あんまりいい印象じゃなかったんですが、食わず嫌いだったかなぁと思います。
    日本は自文化が豊かになった分、親世代の若い頃に比べて、若い世代はあんまり世界に目を向けていないような気がしています。
    こういう作品をきっかけに他所の国に興味を持てるなら、良い傾向なんじゃないでしょうか。

  • 各国の歴史(主に第一次〜第二次大戦頃)や文化をネタにしたコメディ漫画です。キャラクターはかわいいし、実際の歴史のことを思うとシリアスにも読めます。ネット掲載を前提に描かれたものなので、画質が若干悪いページがあるのが玉に瑕。ネタがネタなので万人にお勧めできる本ではありませんが、少なくとも私は、反省すべき歴史は当然真摯に受け止めるべきとして、このように笑い飛ばすゆとりも持つことは良いことだと思います。

    2008/12/11 2巻を読みました。1巻に比べて軍事ネタが少なくなっていてより万人向けになってます。それと編集が改善され読みやすいです。
    1巻にも言えることですが、BL要素を強く感じる読者も多いようです。男性同士仲良くしている描写に神経質な方にはおすすめしません。

  • web漫画の書籍化。
    web上↓で読んだ方が分かりやすくてお勧めです。
    <a href="http://www.geocities.jp/himaruya/" target="_blank">宇宙超人キタユメ。</a>

  • やられた・・・とい擬人化です。現実世界で国は半永久的に存在するし、ニュースでネタを提供してくれるし、ネタと萌え供給に事欠かない題材ですね。
    イギリスがかわいいなんて、ヘタリアに会わなかったら絶対思いもしなかった・・・!

    私の大学の専攻は国際統合論でしたので、EU,ASEANその他諸々でしたので、それはもう、ドンピシャではまりますとも・・・!

    国際政治のアナーキーさは面白いです。

  • まだまだ覚えられないし分からない話もあるけど、なるほど、これは世界史やりたくなる。枢軸国が可愛い……イタリア可愛い……(*´ω`*)

  • パスター!!!
    ドイツが大好きです。ポーランドも好きです。オーストリアはいい子です。
    ギリシャが好みで、イギリスが愛しいです。そして日本は可愛いなぁ!

  • 読みづらくて途中で断念。
    各国の特徴がわかって面白そうと思って読んでみたら、内容は世界史だった。
    世界史は苦手だから勉強になるかと思ったら、知識のある人が楽しめる感じで、無知な私には読みづらかった。
    絵もごちゃっとしていて見づらい。

  • 話は間違いなく面白いけれど、
    単行本として出すにはあまりに仕上がりが雑。
    まず解像度をあげたほうがいい。

  • 2巻まで読んだ。
    1巻は前半第一次世界大戦、2巻は年代があっちこっち前後してる。
    ギャグ漫画として普通に面白い。
    んだけど、顔の描き分けというか、絵自体がごちゃごちゃしている感じで、ちょっと読みにくい。
    「これだれ?」と思うコマがいくつも。

  • あまりに有名な国擬人化マンガをやっと読了。
    あとがきでNYで学生をやっていると書いてあったので、当時は本職じゃなかったのかな?正直画力は十分でないので、国の描き分けが厳しく、話が意外とややこしいこともあって、ちょっと読みづらい。
    ストーリーは現代の各国の力関係とかを反映したものかな、と思っていたら、WW2が中心だったりして、想像以上に歴史マンガ。まあ、今を描くにはそこから始めないとダメなのだろうけど。
    アイディア自体は面白いと思うので、あとは細かい注釈に頼らずもっとシンプルにわかりやすく描いてくれたらと思う。

全774件中 1 - 20件を表示

ヘタリア Axis Powersのその他の作品

日丸屋秀和の作品

ヘタリア Axis Powersに関連する談話室の質問

ヘタリア Axis Powersを本棚に登録しているひと

ツイートする