蛇恋の禊 (リンクスロマンス)

著者 :
制作 : 奈良 千春 
  • 幻冬舎コミックス
3.84
  • (29)
  • (39)
  • (38)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 215
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344813151

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 蛇とノーマルの人格の狭間でもがき苦しみ、その苦しみが角能への恋情までもを揺らしてしまうという凪斗の心理描写がじっくりと描かれていて読み応えがありました。痛い展開もありますが、全てが集束する先にあるラスト(脱皮も含めて)に納得でした。個人的萌えで、クライマックスの角能に魂持っていかれそうでした!奈良さんのイラストの相乗効果もすごい!どの挿絵からもキャラたちの心情が伝わってきます。このシリーズのイラストが奈良さんで良かった!と実感させてくれるほどの逸品ばかりでした。

  • 「蛇淫の血」の続編。
    これは前作より面白かったです。
    前作でお互いへの気持ちを自覚した二人ですが、
    微妙に両想いではないんですよね。
    そのすれ違いが切なくて良かったです。
    一般人への未練をわずかに残しながらも
    四代目を継ぐことを受け入れた凪斗は
    前作よりもしっかりと前を向いていて
    かっこ良かったです。
    ときどき寝込んでしまうあたりはハラハラしたけど・・・。
    愛してほしかった元々の凪斗を
    ちゃんと角能が愛しているのに
    全然伝わってなくてやきもきしました。
    今回のエロが一番好きでしたね。
    あんまり痛々しくなかったし・・・。
    オナニーもエロかったです。
    ただ触手が「お腹のなかで握手握手」っていう
    作者の後書きを読んでから、そのシーンは笑えてしょうがなくなってしまいました・・・。
    最初はちゃんとエロスを感じていたのに。
    握手握手って・・・。ほのぼのじゃないか・・・。

  • あとで番外編もあるが、最終巻。
    いや、面白いシリーズで久しぶりにワクワクして読みました。新書サイズは苦手なはずなのに読む手が止まりません。
    そして、何やらこの話ではないのですが、違う話の新装版で新しい話が付け足さられているようなので、買いそろえようかと迷い中。
    凪斗の成長と、角能の熱い想いが心にジンときます。文章と絵もいい組み合わせですし、素敵なシリーズでした。

  • 『蛇淫の血』の続編。前作で身のうちに秘められた極道の血に目覚めた凪斗。愛する角能を得る代わりに堅気の自分を捨てて、父の跡目を継ぐ覚悟を決めた前作に引き続き、角能に支えられ四代目修行に精進する毎日を送る中、凪斗の襲名を快く思わない内外の敵から執拗なまでの襲撃を受ける。ごく普通の二十歳そこそこの美大生の自分と狂おしいまでに忌まわしい極道の血をたぎらせる自分。身のうちに相反する奔流に懊悩する凪斗は、角能さえも自分に求めているのは四代目として蛇性を現す凪斗だけなのかもしれないと苦悩する。大事な祖母や舎弟、愛する人達が自分のせいで次々傷つけられていくことに衝撃を受けた凪斗は、愛する角能にまで危害が及ぶのを恐れて、愛しいもの全てから距離を置いて堅気の自分を封印する。
    中盤以降、陵辱、拉致監禁、近親相姦…等々、精神的にも肉体的にも痛々しい描写が多いので、読む側もそれなりに疲弊します。絶え間なく襲いくる試練のせいで、自分という人格から何から粉々に壊されて、蛇が脱皮するかのごとくそこから新しく再生した凪斗。自分の手の内で慈しみたいと思っていた凪斗が、もはや自分の手に負えないほど大きく変貌を遂げたことに戸惑いながらも、必死に食い下がる角能。前作では圧倒的に角能優位だったパワーバランスが今回完全にEVENになった気がする。凪斗が変わったように、角能にも変化が訪れる。生きる気力をすっかり失った凪斗を身を賭して現実世界に呼び戻そうとした角能の壮絶な愛。お互いの身を削り、魂と魂がぶつかり合うような激しい愛の物語でした。
    はぁぁ…それにしても痛いな…。読む人を選ぶと思うよ。

  • シリーズなのね。ちょっとしっくりこなかったのはそのせいかも。これしか読んでません。ストーリーにはたぶんそんなに影響はないけど。
    補佐角能×極道4代目凪斗
    襲名するまでとしてからの諸々
    祖母が殺され、護衛が怪我をして、大事なものが傷つけられていくことに耐えられず逃避する凪斗が角能の献身により花開く物語。
    苦しんで苦しんでようやく脱皮できるみたいな話なんで結構中盤・・・後半までそんなぐるぐるした感じがするなぁ。
    極道ものは好き嫌いが結構あって。これはちょっと合わない感じだったかなー。

  • 「蛇淫の血」シリーズ第3弾。
    今回はまた角能×凪人編に戻ります。
    禊=身削と凪人パパが言うように小蛇の脱皮がテーマです。
    これから先さらに成長した凪人はどんどん素敵になるはずwもちろん角能さんありきですがww
    凪人は相変わらず可哀想な子でしたww
    輪姦苦手な方はご注意を…。
    でもこれも文庫で出して欲しかったな〜。

  • 平凡な生活から拉致され岐柳組組長となることを強いられた凪斗。最愛の男・角能がいれば何でも耐えられると思っていたが!?


    ネタバレ・・・壊れてしまった凪斗を前に燃える《初恋》を苦笑して抱きしめた角能に心が震えた。この事で角能は胸に大きな火傷を負ってしまうが傷を治さず凪斗と添い遂げて行こうとする覚悟と熱い想いが伝わって感動した。物語の始まりから小道具(絵)の使い方、最後の締めくくり方、総じて非常に良く出来た作品。

  • 蛇淫の血の角能と凪斗のその後の話。蜘蛛の褥の久隅もチラチラと出てます。
    レーベルが異なりますが順に読みたい作品。

    凪斗の苦悩と成長 ☆5
    自分の為に大事な人達が傷付いていく・・・。
    角能に危険が及ぶのを恐れ、遠ざけようとする凪斗。
    一人もがき苦しむ姿が痛々しく切ない。
    角能の深い愛を感じるシーンは本を持つ手が震えて涙が止まりませんでした。
    暫らく余韻に浸りたいところですが、やっと入手した次作の蜥蜴さんも気になるっ!!

  • 凪斗が平凡から4代目に変わっていく脱皮がいい。ハードな迫害具合が、この作者の持ち味なのね。『蜘蛛の褥』が次?図書館にな~い

  • やくざ×4代目

    「蛇淫~」の続編

    あらすじまとめるのが難しいので感想のみ。
    …途中、まどろっこしいなぁ……ジリジリジリジリしていたら、めっちゃ良かったです。
    ああもう、エロイわカッッコイイわで、もだえ苦しみました。
    やっぱこのシリーズはこのカップリングが一番ですな!!
    たはー!!

    ただひとつ気になるのが。
    しろいの(笑)が上にかかっても大丈夫なんでしょうか、岩絵の具…。
    ニスとかでコーティングしたりしないです、よね…?

全18件中 1 - 10件を表示

沙野風結子の作品

ツイートする