やつがれとチビ―絵本漫画

  • 幻冬舎コミックス
4.38
  • (96)
  • (33)
  • (32)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 359
レビュー : 60
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344814264

作品紹介・あらすじ

くるねこ大和、描き下ろしオリジナルストーリー。やつがれとチビは竹やぶで出会ったんでさぁ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 漫画というか絵本というか・・・本屋さんによって置いてある場所がビミョーに違う本(笑)

    くるさんの本の感想はどれも「ほんわか・じんわり」になってしまうけれど、これも同じく。

    続けて「甘夏」も購入。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「くるさんの本の感想はどれも」
      まぁ絵柄から、そうなるのでしょうか?(未読)
      表紙イラストの生活感が素敵です。。。
      「くるさんの本の感想はどれも」
      まぁ絵柄から、そうなるのでしょうか?(未読)
      表紙イラストの生活感が素敵です。。。
      2013/02/28
    • 九月猫さん
      nyancomaruさん。
      こちらにもコメントありがとうございます。

      この本、未読ですかー。
      くるねこ大和さんの作品がお嫌いでない...
      nyancomaruさん。
      こちらにもコメントありがとうございます。

      この本、未読ですかー。
      くるねこ大和さんの作品がお嫌いでないようでしたら、
      お時間がある時にぜひ読んでみてください。
      絵柄だけではなくお話も素敵ですよ。
      語彙の乏しいわたしのレビューでは判断しないでくださいね(^-^;)
      2013/02/28
  • やつがれに竹やぶで拾われたちび。

    やつがれと針のせんせーに可愛がられ、
    幸せな時を過ごします。

    漫画絵本。という、
    1ページに1コマという形式。

    30分くらいで読めてしまうんですが、
    たくさんのネコを育ててきたくるねこさん
    だからこそ描ける猫のしぐさを
    ゆっくりと堪能できます。

    最後は、泣けます。。

    猫と暮らす時の、幸せと哀しさがすべて詰まった絵本です。

    雨の日も、風の日も子猫を見に来ちゃう
    針の先生が素敵です。

  • 終盤の不意打ちで目から液体が。。。

  • せっかちおチビさん、忘れ物取って戻ってきたね(ノ_<)

  • 中古購入
    ボロボロにされてしまったので貸し出しするか迷うレベル

    厳密にいうと絵本ではないのですが
    漫画絵本という肩書きだったのと
    みんなに読んで欲しいので入れました
    有名なネコ漫画ブロガーさんの本です
    この方のもち味が溢れ出る良い作品
    ハンカチを用意してから読んでくださいね

  • 2014/03/01購入・2015/03/15読了。

    せっかちだった…生き急いでほしくなかった。自分の実家で可愛がられていた文鳥も、呆気無く亡くなってしまったので、切なくなってしまった。

  • 赤ちゃんネコのチビがめちゃかわいすぎる!最後は号泣間違いなし!

  • 絵本漫画。20分で読み終えてしまう。結構楽しめ、ほのぼのとした気分になった。

    物語は猫の世界の出来事で、主人公はやつがれという猫。そのやつがれさんが、仔猫を拾って来る。その可愛さに、針きゅうの先生も毎日通って来て、仔猫の可愛さに大人がでれでれすると言う内容。

    最後はほろりとして和む終わり方。なかなか良い。酔っぱらって読むのにはいいかも?

  • くるねこでお馴染み、くるねこ大和氏による「絵本漫画」という新しいジャンル。
    本のサイズがかわいくて、分厚いけれどそこは絵本なのでさらりと読める分量。
    でも内容は笑いあり涙ありで、とてもさらりとはいかない。
    登場するのはみんな猫だけれど、主人公である「やつがれ」も、懇意にしている「鍼のセンセー」もいい味を出していて、とても人情味あふれてる。
    最後の展開は涙なしには読めない。でもそのあとのオチ(?)も好き。
    本作以降も含めて、ずっと手元に残しておきたいシリーズ。

  • やばい。チビの可愛さを愛でるだけの絵本かと思いきや、どうしてこうもくるねこさんは涙をお誘いになるのか。

全60件中 1 - 10件を表示

やつがれとチビ―絵本漫画のその他の作品

くるねこ大和の作品

やつがれとチビ―絵本漫画に関連する談話室の質問

ツイートする