手のひらの鳥かご (リンクスロマンス)

制作 : 陸裕 千景子 
  • 幻冬舎コミックス
3.86
  • (7)
  • (10)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :67
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344814288

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 鳥シリーズ第3弾


    二人で暮らすようになった冬稀と賀野。冬稀はずいぶんと人間味が出てきて。
    そして冬稀に接触しようとする人物がいる…、賀野を始め、久保寺や社長の森崎も警戒しだした。


    冬稀の出世の秘密が出たのと、アカデミーでの嫌な思い出のある男からの接触。
    次の4冊目でその辺りが解明されるのかな?

    エチシーンは若干少なかったような。

  • 冬稀の出自が判明。
    事件は起こっているのですがいま一つ他人事のように感じる。

  • 「鳥」シリーズ第3巻

    2カプが交互にメインになってるので、こちらは1巻目のカプ

    主役の出自に係わることがメイン
    そして、トラブル体質な主人公でもあります

    登場人物が増え、疑問と、それからその答えが出る巻でもあります
    1巻目で受けたダメージも薄れ、2カプ目の受け様との交流もあり
    置物のようだった主人公が少しずつ、人間っぽくなります

    前2巻は雑誌掲載+書き下ろしでしたが
    こちらは全編書き下ろしみたいです

  • 鳥シリーズ3
    賀野×冬稀
    仕事に復帰した矢先、冬稀の身辺を調べている男がいることが…。
    冬稀の出生の秘密が明らかに。

    冬稀の両親の恋愛はちっともいいと思えない。あんなんで、父親に心を開けるもんかなぁ?いくら母親がずっと父親を好きだったからって…。もっと納得できる理由であって欲しかった。
    賀野と冬稀は揺るぎない関係なんで、解決していく過程を楽しく読みました。

全4件中 1 - 4件を表示

手のひらの鳥かご (リンクスロマンス)のその他の作品

きたざわ尋子の作品

手のひらの鳥かご (リンクスロマンス)はこんな本です

ツイートする