concerto協奏曲 (幻冬舎ルチル文庫)

  • 73人登録
  • 3.85評価
    • (7)
    • (11)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 愁堂れな
制作 : 水名瀬 雅良 
  • 幻冬舎コミックス (2008年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344814400

concerto協奏曲 (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 始まりはどうであれ、相思相愛になった長瀬と桐生。同居には踏み切れない長瀬だったが、ある日桐生の海外出張中に友人の一人牧野に薬を盛られて危うく襲われかけて。
    危機一髪のところを他の友人二人が助けてくれて、牧野と口論になった時に下肢の剃毛を見られたり「男にかわいがられているんだろう」と言われたりでショックを受ける。
    抵抗した時に何度か打たれて顔に痣が出来てしまい、同僚の田中が心配する。
    そんな折、桐生が長瀬に会いたいが為にアメリカからとんぼ返りでマンションに帰宅していることを知り、昨夜の事もあり動揺していると田中が車を成田まで走らせて、無事に再開を果たせます。
    顔の痣を言及する桐生に「何も無かった」としかいえない長瀬に、
    「来週の日曜まで俺が守る」と田中が助け舟を出し、複雑な心境で一瞬の逢瀬に別れを告げる桐生。
    田中はナイトですね。
    報われない恋なのに身を挺して長瀬を守るんです。
    また、守りたくなりますよね、長瀬をみていると。

  • unison3
    桐生との同居に踏み切れない長瀬が、決心するまでのお話。
    長瀬を襲った牧野を田中が殴ってしまい…。
    桐生のいない所で起こったあれこれ。

    一時帰国していた桐生は…。
    少しは寛容になってきたのでしょうか、桐生さん?

  • 【あらすじ】 力ずくで始まった関係だったが、今や相思相愛な桐生隆志と長瀬秀一。しかし長瀬は桐生との同居に踏み切れないでいた。ある日、桐生の海外出張中に友人・牧野たちと飲んで酔った長瀬は、牧野に襲われかけるが間一髪助けられる。その頃、桐生が長瀬に会うため一時帰国していたことを知るが…!?サイト発表作と書き下ろし短編を収録。

  • unisonシリーズ-03

全4件中 1 - 4件を表示

concerto協奏曲 (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

愁堂れなの作品

ツイートする