俺に愛をくれないか (幻冬舎ルチル文庫)

  • 23人登録
  • 3.22評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 月上ひなこ
制作 : 陵 クミコ 
  • 幻冬舎コミックス (2008年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344814417

俺に愛をくれないか (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 龍巳ダメ人間過ぎ。へたれです。

  • タイトル:俺に愛をくれないか
    著者名:月上ひなこ
    イラスト:陵クミコ
    出版社:幻冬舎コミックス
    シリーズ名:幻冬舎ルチル文庫
    発売日:2008年10月出版
    ISBN:434481441X
    税込価格:540円

    ■Story■
    大学生の藤谷京悟が、従姉の娘・千里子の子守で訪れた家には
    京悟の四つ年上の幼馴染み・芹澤龍巳がいた。
    人気俳優の龍巳は骨折したので元妻の家にいるのだという。
    昔から片想いしている龍巳と暮らすのは苦しかったが、放ってもおけない。
    甘えてくる龍巳へ、京悟の想いは募る。
    ある日、キスマークをつけた京悟を見た龍巳は京悟を押し倒し…!?


    ■感想■
    あーっ!イライラする!!
    ウジウジ考えるならハッキリと聞いたらどうなのだ?と、思ってしまうほど、
    京悟のウジウジした態度にはやり切れない思いだ。
    まぁ、そのように思わせてしまう龍巳の日頃の行いも悪いのだろうが。
    お互い素直になっていたらなぁ…と思わずにはいられない。
    作中に出てきた玖白と早智の話を読んでみたい。

  •  大学生の藤谷京悟は、従姉に従姉の娘・千里子の子守りを頼まれる。
     ところが、子守りで訪れた家には、京吾の四つ上の幼馴染みで従姉の元夫である芹澤龍巳がいた。
     人気俳優の龍巳は、骨折したので元妻の家で静養しているのだ、という。
     昔から片想いをしている龍巳と暮らすのは苦しかったが、放っても置けない。ところが、甘えて来る龍巳へ京悟の想いは募る……。

     ある日、仕事仲間だという友人と街に消えた龍巳を見て、ヤケになった京悟がキスマークをつけたのを見た、帰ってきた龍巳は京悟を押し倒し……

     という話でした。

     よかった……と思います。
     そんな状況で押し倒された京悟がよくあるパターンの「嫌よ嫌よも好きのうち」にならなかったことが一番よかったと思いました。
     こんな状況で感じさせられても哀しいだけで……というのが、切実に伝わってくるのがよかったです。
     だって、いくら好きでも、京悟の言う通り、心が伴ってなかったら虚しいだけですよね。

     けど、一つだけ不満があるとしたら、龍巳が骨折した原因となった女の人の扱いかしら?
     いくら龍巳と結婚できるかもしれないって唆されたからって、ちゃんと幼馴染みと両想いで付き合ってるのに、龍巳と結婚しようとは、普通の理性のある女の人だったらしないと思うんだけど。
     これで、その幼馴染みが結婚を渋ってる、とか、全然稼ぎのないフリーター的な職業の人、とかいうんだったらまだわかるけど、そんな描写もまったくないし……。
     むしろ、結婚して引退しようとしてた……って。
     それでも別の男といくら稼ぎがいいとか、見た目がいいとか、いろいろ特典があるにしろ、結婚したいと思うってどんな女なんだよ……ってつっこみたくなりました。

     まぁ、BLで出て来る女の人が所詮、恋敵にすぎない、とはいえ、この書き方はないかなー……と思ってしまいました。
     ありえないでしょ、普通……。

  • 2008/10/14購入。

全4件中 1 - 4件を表示

俺に愛をくれないか (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

月上ひなこの作品

俺に愛をくれないか (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

ツイートする