オカルト探偵 悪魔の誘惑 (幻冬舎ルチル文庫)

著者 : 愁堂れな
制作 : 田倉 トヲル 
  • 幻冬舎コミックス (2008年12月11日発売)
3.06
  • (1)
  • (1)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344815261

オカルト探偵 悪魔の誘惑 (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作をブックオフで買い、意外と良かったので2作目の本作はちゃんと(笑)買ってみた。今回は「霊感探偵」たるシーンは最後だけだったけれど、内容はよかった。三宮の過去に触れるところとかね。

  • オカルト探偵2
    探偵×刑事
    前作を読んだからこちらも…ってところでしょうか。

    読後感も前作とかわらず、どこがとは言えないけれど、物足りなさが残った。
    受が気持ちを自覚したらしいところが、進展っちゃ進展でしょうか?

  • これも全巻と同じく薄いな、と。
    嫉妬する件は好きでした。

全3件中 1 - 3件を表示

オカルト探偵 悪魔の誘惑 (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

愁堂れなの作品

オカルト探偵 悪魔の誘惑 (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

ツイートする