困惑はバニラフレーバー (幻冬舎ルチル文庫)

著者 : 坂井朱生
制作 : 桜川 園子 
  • 幻冬舎コミックス (2008年12月11日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344815278

作品紹介

元銀行員の須賀一佳は、綺麗でクールな見かけの割に優しいが、三歳年上の西江和彦には厳しい。初めて出逢ったときから和彦はことあるごとに一佳を口説き続け、三年前に半ば勢いで身体を繋げてからはずっと大切にしてくれている。本当は一佳も素直になりたいのだが、性格上出来ない。そんなある日、一佳が偶然映っている写真が雑誌に載って…。

困惑はバニラフレーバー (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スピンオフらしいけど読んでなくても問題なし。
    まぁ、普通の話で盛り上がりもないからまったく記憶に残らなかった。

  • 和彦の恋人・須賀は、元銀行員で綺麗でクールな見かけの割に優しい。しかし和彦に対しては厳しい須賀。二人の恋は…!?
    出版社より

  • 『セカンドライン』スピンオフとのことですが、そちらは未読。
    眼鏡×眼鏡です!

  • 「セカンドライン」「セカンドラブ」スピンオフ

  • セカンドライン
    セカンドラブ
    →困惑はバニラフレーバー

  • セカンドシリーズのスピンオフ

    <セカンドシリーズ>
    第1段…『セカンドライン』
    第2段…『セカンドラブ』

  • 【あらすじ】
    元銀行員の須賀一佳は、綺麗でクールな見かけの割に優しいが、三歳年上の西江和彦には厳しい。初めて出逢ったときから和彦はことあるごとに一佳を口説き続け、三年前に半ば勢いで身体を繋げてからはずっと大切にしてくれている。本当は一佳も素直になりたいのだが、性格上出来ない。そんなある日、一佳が偶然映っている写真が雑誌に載って…。

    【感想】

全8件中 1 - 8件を表示

困惑はバニラフレーバー (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

坂井朱生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする