大東京トイボックス(4) (バーズコミックス)

著者 :
  • 幻冬舎コミックス
3.90
  • (29)
  • (57)
  • (34)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 490
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344816664

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仕事に行き詰まるって大変。でもみんな経験してるわね。

  • 幻冬舎

  • コミカルタッチながらビジネス的には重め。ディレクションの難しさが辛い。ゲームは進んでいるのかよくわからん。

  • 決意した太陽はマサを解雇する。仙水局長に刺激されてから行動は変わっているが、どんどん目標がぶれていく太陽。それが周りにも影響しだして見ていて辛くなる。ソードクロニクルについて仙水から話を聞いた社長は今後どうしていくのかが気になる。とても不安定な状況の中、昔と同じ状況にならないか心配ではある。

  • 月山・仙水の巻。

  • なんかシリアスな展開になってきたなぁ~

  • 再び読んだ。

    この辺はコワイ話です。

  • だんだんと大人の世界に入っていく・・・

  • TSUTAYAレンタル

  • 今回も面白かった。ただ少し辛い展開でもあり、この巻でとうとう太陽の抱えていたトラウマが明かされる。最初の頃は熱血の太陽を中心にして小規模会社なりに面白いゲームを作っていくドタバタ漫画かと思っていたけど良い意味で期待を裏切ってくる展開になってきたと思う。

    ゲームに対するこだわり、エゴ、チームを束ねることの責任、商業作品としてのジレンマ、単なる爽快なストーリーではなくドロドロした部分や汚い所までしっかり描かれているところが面白い。

    月島さんに向けて太陽が言った「俺たちはシュミの仲良しサークルじゃねえ」という台詞。これは太陽自身にもそっくりそのまま返ってくる言葉だったと思う。

    そして仙水の株急上昇。クリエイターとしてのこだわりを捨てなかった太陽と地位を求めた仙水って構図かと思いきや泉水もまた一つの信念の元に今の場所にいるということが明かされた。もうほんと良いキャラしてやがる。

    今回の話がどういった顛末を迎えるのか楽しみで仕方が無い。

全15件中 1 - 10件を表示

プロフィール

<b>うめ</b> 
原作担当の小沢高広と、作画担当の妹尾朝子からなる実力派漫画家ユニット。代表作は「スティーブズ」「大東京トイボックス」。電子版絵本「ねこにこねこ」も好評発売中。

<b>小沢高広</b>
わりと細かい夫。原作&料理担当。漫画原作の他、「劇場版 マジンガーZ /INFINITY」の脚本なども手がける。ゲームとロボットと日本酒を愛する。
<b>妹尾朝子</b>
基本ざっくりな妻。作画&洗濯担当。
ちばてつや賞出身で、青年漫画誌を中心に活躍。華奢な外見を裏切る、数々の武勇伝を持つ酒豪。とにかく猫が好き。

大東京トイボックス(4) (バーズコミックス)のその他の作品

うめの作品

大東京トイボックス(4) (バーズコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする