ラブストーリーで会いましょう〈上〉 (幻冬舎ルチル文庫)

著者 : 砂原糖子
制作 : 陵 クミコ 
  • 幻冬舎コミックス (2009年6月16日発売)
3.58
  • (12)
  • (29)
  • (37)
  • (5)
  • (0)
  • 215人登録
  • 17レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344816855

ラブストーリーで会いましょう〈上〉 (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2014年読了

  • ☆3.5

  • じわじわと始まり晴れやかに終わる、という感じ。砂原の繊細さは他の作家さんにないので、砂原本がでると買わずにおれない。

  • 当たり前だろうけどこっちを読んでからスピンオフ作品読めば良かったなあ。
    下巻が気になる。

  • 2冊!という事で読みごたえあるかな~と期待w
    なんだか、たぶんスピンオフ先に読んでるっぽい記憶が。
    編集×作家(変人)で、上では気持ちに気付いたばかりです。

  • 砂原先生の書かれる ちょっと変わった人は 読むうちに いとおしくなってきます。自分の中にもある制御できない何かを思い出させる。一生懸命さがいいのだろう。上下巻

  • ⇒『ラブストーリーで会いましょう 上』
    『ラブストーリーで会いましょう 下』
    『ラブストーリーまであとどのくらい?』スピンオフ

  • 編集上芝×人気作家(変な人)庭中cp。
    とにかく、庭中がめちゃくちゃ変わっていて、偏屈なキャラですが、読み進むうちに愛しさでいっぱいになります。
    庭中は、自分では恋したこともないくせに、超人気ベストセラーの恋愛作家であり、すべてについてスケジュールを立て、予定通りことが進まないと許せない性格の持ち主。
    本当に変わっています。前もってシナリオを作り、編集の誰かに相手をさせ、自分がヒロインの気持ちになり作品を執筆する創作手法からして、もう興味津々!面白すぎです。
    その風変わりな創作活動に付き合わされる上芝は、はじめただの編集担当として嫌々応じるけど、だんだん庭中という人間を知るうちに彼への気持ちが変化していきます。
    恋をしない男を好きになって、創作のために恋人として振る舞わなければならない上芝の割り切れない気持ちもせつない。
    そして庭中も、じれったいくらい自分の恋する感情に無自覚です。

    そんな二人なのに、恋人としてシナリオどおりのデートを繰り返す場面は、甘くてせつなくて、さすが人気恋愛作家らしい展開はロマンチックとも思わせます。ずれた二人の思考や会話はちょっと笑えるし、ハイクオリティな砂原ワールドが炸裂しています。
    濡れ場も、ぎりぎり感がなんともいえないくらい萌えます。

    最後、八川に渡された本をみて庭中が涙するシーンは、うるっときました。
    やきもきさせる二人の恋がこれからどうなるのか知りたくて、下巻にすぐ読み進みたくなります。

  • 何この変わってる人は!!(笑)読みながら驚きっぱなしでした〜(笑)とにかくインパクトありまくりです。上芝と出会い交流していくうちに、彼を好きになり、初めての恋をして戸惑ってるまひろ…。次どうなるのか…!『下』読みます(笑)

  • 【あらすじ】
    海外取材から帰ってきて早々、上芝駿一は人気恋愛小説家・庭中まひろの担当に。初対面の庭中から伝えられた上芝の仕事は、庭中が送るシナリオ通りに作中の男を演じてみせろ、というものだった。しかも主人公の女は庭中自身が演じるという。分刻みでスケジュール通りに行動する庭中と、シナリオに沿った「デート」を繰り返す上芝だったが…。

    【感想】
    上下巻。評価は総合です。

全17件中 1 - 10件を表示

ラブストーリーで会いましょう〈上〉 (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

砂原糖子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

ラブストーリーで会いましょう〈上〉 (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

ラブストーリーで会いましょう〈上〉 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする