ラブストーリーで会いましょう〈下〉 (幻冬舎ルチル文庫)

著者 :
制作 : 陵 クミコ 
  • 幻冬舎コミックス
3.66
  • (11)
  • (31)
  • (31)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :203
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344817111

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014年読了

  • ☆3.4

  • 八川と三角のスピンオフ話が良かった!

  • メインの2人上下+照巳(スピンオフ的な)の話という
    少し変わった構成の本だったw
    照巳の話は、最初のページがギッシリ文字で埋め尽くされてて
    フイタwそしてメイン2人の話より好きでした。
    危うい感じや病んでる子が好きなんで・・・w

  • 『ラブストーリーで会いましょう 上』
    ⇒『ラブストーリーで会いましょう 下』
    『ラブストーリーまであとどのくらい?』スピンオフ

  • お互いのことが好きなのにぐるぐるして、すれ違ってばかりの上芝と庭中。
    後半は揺れる二人の前に、いろんな壁が出てきます。上芝は念願のはずだった雑誌の編集部へと転属が決まりますが、庭中の担当を外れると思うと素直に喜べません。
    夕莉子の存在も違和感無く、上芝のバックグラウンドを知る手がかりになっているいいエピです。そんな夕莉子のことを気にしたり、マリモが死にかけてると思い、せっぱ詰まった行動に出る庭中がかわいかった。
    マリモのエピ、ほのぼのです。たこやきといい、上芝の優しさがものすごく感じられます。しかも、笑えるし。
    あと、脇キャラ滝村×森尾とか、八川とか魅力的な人物が登場していて、何となく二人を後押ししているのもいい。

    いろいろなことを乗り越えて、晴れて両想いになった二人が、また性懲りもなく、ずれた会話をしているのも胸がキュンとなります。
    盛り上がってイイ感じになってるのになぜかずれている庭中はかわいくて笑っちゃいますが、甘い濃厚Hシーンはハンパないです。

    スピンオフの「依存症」は庭中の隣人でかわいい系ゲイの八川と、看護師三角のラブストーリー。庭中がホモの痴話喧嘩だと怒った、あの時の二人です。見た目とは違って心の中では傷ついていたり泣いていたりする、恋多き男八川の行きついた相手は、クールでノンケだけど「俺にしとくか?」と言ってくれた三角。
    こちらもうるっとして胸がキュンキュンする話でした。
    おしゃべりな八川と無口な三角はとってもお似合いのcpだと思います。ここではキスどまりの二人ですが、同人誌の「欠乏症」では、ケンカ後にちゃんと最後までいっています。
    しっかり、恋のキューピッドになってた庭中でした。

    書き下ろしは2年と半年後の上芝と庭中。海外に出張していた上芝に嫉妬や疑惑を抱く庭中です。上芝のことが好きすぎてなんか見当違いな庭中がかわいくて、やられます。

  • 上芝×まひろはもちろん良かったんですけど、八川のお話もすごく良かった!!あんなせつない過去があったなんて;;あれがあって今の彼が…と思うと感慨深い。まひろはやっぱり相変わらず変わった人で(笑)でもそこがすごく魅力的です。あとマリモがかなりツボでした(笑)

  • [編集者×恋愛小説家]
    年下攻め

    書き下ろしも合わせてハッピーエンド。
    庭仲の反応がイチイチ面白いです。
    番外編の八川の話もまぁまでした。

  • 【あらすじ】編集者の上芝駿一は、人気恋愛小説家、庭中まひろの担当となり、庭中が書くシナリオ通りの恋人役を演じていた。次第に本気で庭中が好きになる上芝。庭中もまた上芝に対する感情が恋だと気づく。キスも交わし体も触れ合ったのに、心はすれ違ったままうまくいかないふたり。やがて上芝が異動で担当を外れることになり…。書き下ろし短編を収録。

  • 2009/7/31購入。未読。

全14件中 1 - 10件を表示

ラブストーリーで会いましょう〈下〉 (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

砂原糖子の作品

ラブストーリーで会いましょう〈下〉 (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

ラブストーリーで会いましょう〈下〉 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする