緋色の海賊〈上〉 (リンクスロマンス)

著者 : 佐倉朱里
制作 : 櫻井 しゅしゅしゅ 
  • 幻冬舎コミックス (2009年11月発売)
3.25
  • (1)
  • (2)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 29人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344817838

緋色の海賊〈上〉 (リンクスロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 甘々なものはないけれど海洋ものとしては楽しいかな。

  • 2012年11月

  • 初読み作家さんです。
    で。これはパイレーツオブカ●ビアンですか………?
    と、思うくらいキャラ被りしてます。
    とりあえずその辺は見ないこと、気づかないことにして読みましたが、
    やっぱり気になって、なかなか内容が頭に入ってこなくて参りました。
    話としてはよくできてるのではないかと思います。
    そこそこ楽しめます。海洋冒険譚みたい。

    BL要素はと言えば、それなりに入ってるのですが、桃色描写の色気は
    いまいちかなー…と。露骨表現はしないですが、控えめなだけ。
    控えめ作家さんに多い『匂い立つエロス』は感じませんでした。

    ただ、やたら甘い感じはなく、海軍と海賊という敵同士というのも
    あって、ヤクザと刑事みたいなスリルがいい。
    堅物と軟派な組み合わせもいい。
    なかなかくっつかないのもヤキモキして良い。

    が。

    上巻でくっつかないのは非常に気になる!!
    ってことで、速攻で下巻購入に走りましたよ…。

  • 歴史もの。18世紀を舞台にイギリス海軍の将校と海賊が繰り広げる冒険と恋愛。その時代の文化や航海術等の世界観が(BL的な都合の良さは確保しつつ)しっかり書き込まれており、かなり「それらしさ」がある。二人の関係の結末に関してもBLレーベルでは異色かもしれないが、この二人ならそうだろう、という説得力のあるものだった。かなり好き。

  • まぁ、タイトルの通り海賊モノでして海軍将校×海賊の頭領ってことで。
    海賊“ルビー・モーガン”の船長、山猫に海軍将校のキャプテン・コリンズが色々と翻弄されちゃうお話。
    まー、そこそこ読み応えはあるんだけどなんかこうグっとこないんだよねー。キャラもそこそことは思うんだけど、ちょっと魅力が足りないかな?
    もっとラブラブな雰囲気があったほうがいいのかなー。

  • 前作の『三希堂奇譚』に続き、これもいまいちな感じ。
    特に今作は別にBL作品にしなくても良かったんじゃないかと思ってしまう。フツーにラノベでよかったんじゃない? (^_^;)
    前作、今作ともBLとしてはどうにも中途半端な感じで、この作者は今後ラノベに移行していきたいなかな?とも感じた。

全6件中 1 - 6件を表示

緋色の海賊〈上〉 (リンクスロマンス)のその他の作品

佐倉朱里の作品

緋色の海賊〈上〉 (リンクスロマンス)はこんな本です

ツイートする