雪下の華 (リンクスロマンス)

著者 :
制作 : 海老原 由里 
  • 幻冬舎コミックス
2.63
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344818118

作品紹介・あらすじ

戦国時代-慎ましく暮らしていた僧侶の雪渓のもとに、国主の中井から仏典の講義依頼が舞い込んできた。父親を殺害し領主の座に収まった中井に対し、警戒心を抱いていた雪渓だったが、噂ほど酷い領主ではない中井に安心する。しかし、気を許したのも束の間"講義"と称し、強引に犯されてしまう。男であり俗世を離れた僧侶であるにも関わらず、雪渓を閉じこめ欲望をぶつけてくる中井。拒絶する心とは違い、中井の手管に快楽を感じはじめた雪渓は…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • よろめきドラマ風? なんだかんだでずーっといたしてたような・・・wwww 
    でもラストの1行は好きだったな

  • ★3.5。好きな子をいじめてしまう小学生レベルの攻(笑)どんな傲慢で鬼畜な攻かと思えば、受を手に入れたいあまり焦ってばかりの不器用な攻でした…。焦るあまり病んで行き、受の逃げ場所を奪った挙げ句に閉じ込めて、どんなに受に恨まれようと手放せないというその執着に萌え。あんなに壊れかけて悲壮感たっぷりだった受が最後急に甘々になって、プチ事件含めあっさり円満解決だったのが拍子抜けだけど、攻のデレ方は可愛いかったです。

  • いとうさんの坊主受け
    期待して読みましたが、攻めが好みじゃなかったです
    受けが可哀相すぎて辛かった
    最後に攻めが痛いめにあえば良かったのですが……

全3件中 1 - 3件を表示

雪下の華 (リンクスロマンス)のその他の作品

雪下の華 (リンクスロマンス) Kindle版 雪下の華 (リンクスロマンス) いとう由貴

いとう由貴の作品

ツイートする