黒甜ばくや薬笥ノ帖 (バーズコミックス ガールズコレクション)

著者 : 群青
  • 幻冬舎コミックス (2010年1月23日発売)
3.82
  • (9)
  • (14)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :153
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344818514

黒甜ばくや薬笥ノ帖 (バーズコミックス ガールズコレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 同時発売のもう1冊。
    こちらの方が新作。
    『鶴亀』の書き下ろしで触れられていた、多門が主人公のお話。
    舞鶴のお店”ばくや(獏屋)”のお留守番隊の話ともいいます。

    こちらの方が1冊通してストーリーがあります。
    分かりやすく言えば多門の”自分探し(居場所探し?)”がテーマ。
    多門の成長や周りの人達(厳密に言うと人じゃないけど/笑)の成長も楽しめます。
    キャラクターもこちらの方が『舞鶴』よりも魅力的。
    こちら1冊だけで楽しめると思います。

    逆にこちらの感触が良くて、『舞鶴』も買ってみようかな~?というのはあまりオススメは出来ないです(汗)
    私がちょっとガッカリしたので。

    2冊通して足りないエピソードがあったのが残念です。
    にじろう、こふじ、にこじろう誕生秘話とか、舞鶴の眠り&亀之介の成長など。付け足して欲しかったなぁ・・・。

  • 表紙が好みで、気になり中です。

  • 雰囲気、絵柄、作風なんかは好みなんだけどやっぱり広げた風呂敷畳みきれてないかんじの拙さがあるなあ。でも小さいものや不思議ないきものたちはみんな可愛いし、癒しと重たさが混在している感覚は良いです。
    店長たち謎すぎるぜ、と思ったらそっちサイドがメインの話のスピンオフなんですねこれ。そっちも買って読もう。なんだかんだですきよ群青さん。

  • 2012/08/25購入・10/13読了。

    人か獏かと言われた多聞が人の頃の記憶がなく苦難しながらも、現在のばくやとしての生活を楽しんでいくお話。

    多聞だけでなく登場人物全員のエピソードをもっと見たかったなー。

  • 獏屋シリーズ

  • 『獏屋鶴亀放浪ノ譚』よりもほのぼのとした雰囲気。
    最後の方はちょっとシリアスだけど…。

    多門ちゃんかわいい!店長代理こふじもかわいい!
    この群青さんって人の絵やっぱ好きだなぁ。

    大好きだから助けたいのに助けられないもどかしさ、切ないですなぁ…。

  • お洒落で可愛くて優しくてちょっと不器用なキャラクター達がくるくる動く楽しいお話。
    主人公の多門くんが無表情なはずなのに、ころっころ感情が変わってすごく人間らしいのに注目。
    夢の世界の住人たちが繰り広げるホットファンタジーです。

  • こちらの方が面白かった。キャラクターが立っていた。“鶴亀”読んでないとわからないというか、半減。

  • なんだろう。はまる!ってほど面白いわけでもないし、ほのぼの!ってほど平坦でもないし・・・とりあえずファンタジー
    同時に発売された本と互換性があるらしい。

  • 外食のお供に購入。本編(?)を読んでない所為かいまいちしっくりこなかったです。キャラクターが洋装だったり和装だったりするところが、世界観を掴めなかった点のひとつかも。貘の設定は面白かったけど、番外編の所為か余り活躍しないし。

全15件中 1 - 10件を表示

黒甜ばくや薬笥ノ帖 (バーズコミックス ガールズコレクション)のその他の作品

群青の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
オノ・ナツメ
有効な右矢印 無効な右矢印

黒甜ばくや薬笥ノ帖 (バーズコミックス ガールズコレクション)に関連する談話室の質問

黒甜ばくや薬笥ノ帖 (バーズコミックス ガールズコレクション)に関連するまとめ

黒甜ばくや薬笥ノ帖 (バーズコミックス ガールズコレクション)はこんなマンガです

黒甜ばくや薬笥ノ帖 (バーズコミックス ガールズコレクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする