石霊(せきれい)と氷姫〈上〉 (幻狼ファンタジアノベルス)

著者 :
  • 幻冬舎コミックス
3.65
  • (1)
  • (10)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344818606

作品紹介・あらすじ

男に扮し、騙り屋として旅をするアルは、その道すがらトラブルに巻き込まれていた男・テオと出会い、ともに旅をすることになる。石から生まれる霊を育て使役する『石霊使い』のテオと幼い頃に別離した幼馴染みの面影を胸に秘めたまま明るく前向きに生きるアル。互いに異なる目的を持つ二人の行く手に待ち構えている陰謀とは…。西魚リツコの描く長編ファンタジーロマンがここに登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 男に扮し、騙り屋として旅をするアルは、その道すがらトラブルに巻き込まれていた男・テオと出会い、ともに旅をすることになる。石から生まれる霊を育て使役する『石霊使い』のテオと幼い頃に別離した幼馴染みの面影を胸に秘めたまま明るく前向きに生きるアル。互いに異なる目的を持つ二人の行く手に待ち構えている陰謀とは…。西魚リツコの描く長編ファンタジーロマンがここに登場(「BOOK」データベースより)

    ここのノベルスは割と世界観がしっかりした作品が多いですねぇ。
    今回読んだこの作品も、キャラクター&世界観がしっかり考えられていて、安心して読み進められるファンタジーに仕上がっていました。
    上巻は騙り屋アルテミスがめいっぱい活躍してくれたので、好感度大、です。
    テオグラードはややヒーロー役にしては存在が弱いかな―。
    でもリーサイオンと合わせてのダブルヒーロー、ということならそれもありかも。
    後半はどんな展開になるのか楽しみです。

  • 上下、全2巻。

    話は面白かったのだが、なんだかページ数足らず、という印象だった。

  •  久々のがっつりファンタジーでした。
     文章も、綺麗な日本語が使われているという印象。

     「騙り屋」として賢しく生きるアルと、復讐に燃えるややお人好しのテオが良いコンビです。この二人が、大人の都合(政治的な陰謀)に知らず知らずのうちに巻き込まれていきます。
     上巻の中盤で二人は離ればなれになってしまい、アルはテオの石霊(ジァン)を取り戻すため危険に踏み込み、テオはアルの旧知リーサイオンと行動を共にすることに……。

     ファンタジーだと、登場人物や専門用語がやたら多く、世界に入り込むまでに時間がかかる場合がありますが、この本はその点では問題なく入り込めました。
     陰謀のただ中にあってもまっすぐなアルとテオがファンタジーの主人公らしい。「負けるな!」と応援したくなります。
     ここから、タイトルにもなっている「氷姫」がどのように関わって来るのだろうか楽しみです。

  • 箱馬車をひき、寺小姓のなりをした「騙り屋」アル、アルテミスは行きがかりに青年テオを拾う。互いに悪態をつきつつも旅の道連れになるところから話が始まる。

    テオは石に霊<ジァン>を宿らせ、使役する石霊使い<ジァンクル>。一方で権力者たちは権力争い。ハモン王の次女プリディオーネ姫は笑わぬ<氷姫>、姫との婚姻をねらい暗躍する東の藩主マドラス、商人ホッジマン。また衝突を繰り返してきた種族「高原の民」の人馬族、水辺に住む「川の民」…などなど。

    アルとテオの応酬が楽しいのだが、同行する時間は短く、それぞれの道へと分かれる。その後もアルは紆余曲折を経て危なっかしくも王宮に入り込む。テオのほうも川の民に同行し、何やらキナ臭い方向へ。

    上巻ではまだストーリーも複雑ではないので、さくさく読み進めた。登場人物も皆、掴みやすい。

  • 幼い頃に別れた幼馴染を探して、僧正の人形を乗せた箱馬車を引き、小姓の格好で旅する騙り屋のアル。
    そして、大事な「石霊」を騙し奪われ、復讐のために憎悪から生まれた黒い石霊を操る、「石霊使い」のテオ。
    共に旅していた二人だったが、お互いの目的を優先した結果、別の道を歩むことになる。しかし、二人が進む道の先には大きな陰謀が待ち受けていて……。
    相変わらず主人公コンビは、一緒に居るよりも別行動している時の方が長いなぁという印象(笑)
    でもちゃんとそれぞれに濃厚な展開が用意されているので、飽きることはなく。むしろアルにはテオが失った石霊が、テオにはアルが探していた幼馴染が現れるあたり、離れていてもちゃんと繋がってるんだなぁと思ったり。
    表題にもなっている「氷姫」がこれからどう関わってくるのか、アルの幼馴染と手を組んだテオがどういう運命をたどるのか、そしてアルは恩人である人馬族の王子ダージボーグを救い、テオの石霊を取り戻すことができのか、下巻も楽しみでなりませぬ。

  • 2010/03/05:アルの行き当たりばったり加減にハラハラさせられます。
    早く続き読みたいです~

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

兵庫県生まれ。元漫画家で、眼底出血により小説家に転向。漫画作品として『京劇的無頼繚乱』(宙出版)他。2003年に小説家デビュー。代表作として「暁と黄昏の狭間」シリーズ(徳間書店)『石霊と氷姫』(幻冬舎コミックス)がある。

「2012年 『メキト・ベス漂流記 最後の旅』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西魚リツコの作品

ツイートする