QUO VADIS クオ・ヴァディス 6 (バーズコミックス)

著者 : 新谷かおる
制作 : 佐伯 かよの 
  • 幻冬舎コミックス (2010年2月24日発売)
4.17
  • (9)
  • (10)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :95
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344818774

QUO VADIS クオ・ヴァディス 6 (バーズコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  さて、本格的に<新人類>の誕生みたいですわ。
     キメラ、って言ってるけどね。

     でもって、ちびっこキリストくんも出てきて…。
     うむ。
     教授もちっこくなってるのと、なにか関連があるのかな。
     
     教授側の意思は、まぁ、二人しかいないからわかるんだけど、バチカンサイドがさっぱりなのがフラストレーションがたまりますわ。
     いったいだれがボスなのか?
     目的はなになのか??

     って、人類全部<新人類>に移行させる?
     うーん。
     不老不死は、結局のところ社会も文明も衰退させるだけだと思うのだが。って、やってみないとわからない、スタンスなんでしょうかね。
     どうやら未来に人類はほろびるらしい。だったら、死なない人類になって、NOT滅びになればいいじゃん、ってことなのか?
     うむむ。

  • 人類の終末を知っているフレイアとオーディン(北欧神話の神の名ですね)と、ターニングポイントであろうキリストの誕生の隠された真実、物語は核心に近づいていきます。

  • 流れていった赤い棺はコピーなのか、待て以下次巻。

全4件中 1 - 4件を表示

QUO VADIS クオ・ヴァディス 6 (バーズコミックス)のその他の作品

新谷かおるの作品

QUO VADIS クオ・ヴァディス 6 (バーズコミックス)はこんなマンガです

ツイートする