六人の兇王子〈1〉ヴァイサルの血 (幻狼ファンタジアノベルス)

著者 : 荻野目悠樹
制作 : 鹿間 そよ子 
  • 幻冬舎コミックス (2010年3月発売)
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 33人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344819221

作品紹介

世界の破滅を目論む秘密結社で育った六人の貴公子。その身に宿る呪われし力と非情の心ゆえ、彼らは(兇王子)と名付けられていた。その末弟ギヴァもまた、心の裡に「人として生きたい」という思いを抱えながらも、諦観とともに破滅への戦いに身を投じていく。だが、己の運命に絶望する少女の紅い瞳が、凍りついた彼の心を揺れ動かし…。荻野目悠樹渾身の壮大なるファンタジーロマンが幕を開ける。

六人の兇王子〈1〉ヴァイサルの血 (幻狼ファンタジアノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全巻読了。
    ロンゲ男性ばっかり出てくるのでロンゲ好きな私には夢のようなラノベ。萌えざるをえないでしょうこれは…ハァハァ。
    初見の印象通りレイバリが一番好きでした。見た目もそうだけど中身も萌えすぎる。アンドレッティとジュリアーノも好き。
    女性はアンナ・マリアは好きなんだけど、イエルマとアンジェラにはイラッとしてしまった。
    ギヴァとアンナ・マリアは…悲しいなあ…。兇王子と戦っていた頃と、長い年月を経てからの心境の変化が痛々しいです。

  • -

    2010/4/29 23:53

全2件中 1 - 2件を表示

六人の兇王子〈1〉ヴァイサルの血 (幻狼ファンタジアノベルス)のその他の作品

荻野目悠樹の作品

六人の兇王子〈1〉ヴァイサルの血 (幻狼ファンタジアノベルス)はこんな本です

ツイートする