リアル鬼ごっこ 2 (バーズコミックススペシャル)

著者 :
  • 幻冬舎コミックス
2.08
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (6)
本棚登録 : 77
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344819627

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  なんなんだよ!
     なにをしたいんだよ!
     とりあえず『リアル鬼ごっこ』一巻目を見ないといまいち理解しきれない部分があると思います。パラレルワールドです。映画化されたほうがベースになっているようです。でもわけわかんないです。わけわかんないからおもしろい、という作品もありますがこれは違います。読んでいけばいくほど訳が分からないです。立ち読みで充分です。まじないわー。

  • 続きに無理があるように感じますが読んでみたい作品です。優先度低めです。

  • なんだか恐ろしそうな話なのに、映画化され、しかもパート2もできたので、そんなにおもしろいのかと思い、コミカライズ版を読んでみました。
    うっかり2の方を読んでしまったので、設定がよくわからないかと思いましたが、あっさり理解できました。

    原作は分かりませんが、コミックでは、結構登場人物が少ないので、話を追いやすいのです。
    リアルな現実を描いたものではなく、鬼ごっこはパラレルワールドでの話になっています。
    映画CMで流れた「全国の佐藤さん・・・」と呼びかけるのは、パラレルワールドでのことだとわかって、少しほっとしました。

    結局、本質的原因を削除することなく、登場人物たちが現実世界へと戻っての終了となりました。それはもしかすると、パート3へ続く布石なのかもしれません。

    原作はわかりませんが、コミックだと、そんなに話のふり幅は大きくなく、特に人物達に感情移入もできませんでした。1から読んでいないのが原因かもしれませんが。
    それにしても、佐藤さんにとってはひたすら受難の物語です。

  • どうしようもない。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

山田 悠介(やまだ ゆうすけ)
1981年東京都生まれ。
高校卒業後アルバイトをしながら小説を書いており、2001年『リアル鬼ごっこ』を自費出版し作家デビュー。これが代表作の一つとなる。
他の代表作に、『親指さがし』、『スイッチを押すとき』など。多くの作品が映画化されている。

リアル鬼ごっこ 2 (バーズコミックススペシャル)のその他の作品

山田悠介の作品

ツイートする