翼の帰る処(ところ)〈3(上)〉歌われぬ約束 (幻狼ファンタジアノベルス S 1-5)

  • 205人登録
  • 4.33評価
    • (47)
    • (45)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 妹尾ゆふ子
制作 : ことき 
  • 幻冬舎コミックス (2010年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344820005

翼の帰る処(ところ)〈3(上)〉歌われぬ約束 (幻狼ファンタジアノベルス S 1-5)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 感想は下巻に。

    いつの間にか倒れたらしい。
    目覚めるとそこは北嶺国だった。ヤエトはまた何日も寝込んでいたとか。
    徐々に回復し、山積する問題に再び忙殺される日々がやってくる。
    そんなヤエトに、先代黒狼公の妻、皇帝の妹である皇妹が現れ、突然「復縁」を要求される。
    さらには、根深い確執をもつ北方蛮族の使節が北嶺を訪れ、人質交換を持ちかけてくる…。

    もはやヤエトの口癖「隠居したい」は、北嶺や周囲の人たちだけでなく、
    読者にとってもおなじみのネタと化してしまっているなぁ(笑)。
    皇女との距離がどんどん近づきますね、ヤエト、意図せずに思わせぶりな奴。

  • 下巻でるまでじっと待っていました。
    うほー待望の一気読み!と思ったけどヤエト先生に倣って、倒れないギリギリで毎晩読む…。
    薬くれるナオさんもジェイサルドもいないし。
    雛もふもふがうらやましい…。

  • 今回は冒頭からいきなり倒れているヤエト。シロバの雛たちに見張られているのが微笑ましい。鳥が可愛すぎる流れからの皇妹との「復縁」話。結婚もしていないのに、復縁なんて知るかボケ!と一蹴できないのが辛いところで、悩みの種を抱えたところに、北方からは人質交換の提案が。人質になるセルクと共に北方へ。皇帝の恐ろしさを思い知ったところで、終了。果たしてヤエトはこの窮地をどう切り抜けるのか気になる、速攻で下巻へ行きます。

  • 開幕早々いつも通り北嶺で倒れているなー、と思ったら主人公にも「なぜ自分が北嶺にいるのかわからない」とは…。
    謎を残したまま、今回は北嶺の仇敵・北方へ向かうの巻。
    そしてやはりシロバには癒される。

  • 刊行ペースが遅い上に長編なので細かいストーリーを忘れてしまい長らく積んでいました。そろそろ読まなくてはと手に取りましたが、やっぱりすごく面白いです。これだけの長さのファンタジーをドキドキしながら読めるとは幸運だなぁと思います。
    腐った視点で読んでる訳ではないので純粋に楽しめるのはすごいと思うんです。しかし!あえて腐った目で見ると皇帝とヤエトが気になって気になってw
    でも一番好きなのは皇妹なので是非とも結婚して欲しかったんですが、やっぱりダメなんですね。しかし皇女と恋仲になるのだけは勘弁して欲しい。

  • お話の感想は下巻にまとめて。
    そろそろヤエトは皇女の乙女心に気付いてあげてもいいと思う(笑)
    しかしヤエトは自分の体調及び問題山積みの仕事を片付ける方に手いっぱいで、その辺に裂く余力はないかなぁ、と思ったりもする。
    それにしても、国と国との情勢や、国内の複雑な権力争いとそれに伴う人々の思惑や動きがきっちり描かれているので、このシリーズは読みごたえがあって良いなあと思う。

  • 皇女の!カラードレスが!!
    可愛すぎてのたうち回りました...

    しかし

    それを上回る雛の可愛さ!!
    私のベットの端にも乗って
    一緒に寝てくれないかな...そわそわ
    ヤエトの事を兄と思ってるとか!
    なんだもぅかわいいな!!

    そんなヤエトは
    相変わらず ぶっ倒れたり
    隠居生活とは程遠い場所に身を置いたり。

    なんとも良い所で終わってしまったので、
    早く!下巻を!

  • いつものように、というか、倒れて起きた所から話が始まっているのが
    いつもの日常、と思ってしまうのは駄目でしょうか?w
    しかし、イラストの鳥がかわいいですね~w
    これはちょっと鳥馬鹿になるのが分かります。

    宿敵が突如やってきたのも驚きですが、約束破りで聞いてくるのは
    政治的にいけるかな? と。
    しかし、それは己が優位に立っている時に限り、ですね。
    ごく普通に上に立つ物としての判断、一緒ついて行きます、と
    思ってしまいました(笑)

    皇帝の妹の発言も驚きですが、皇帝自身にも…というか
    見透かされてるよ!? という驚きが。
    この最後、どちらに転んでも皇帝としては得ありで
    隠居願望主人公には損です。
    政治手腕ってすばらしい…という感じです。
    まったくもって、ありがたくない話ではあり余すが
    所詮他人事なので(鬼)

    しかし素直すぎる人質交換で残る『彼』は
    色々な意味で大丈夫なのでしょうか…。

  • 相変わらず隠居したいのに出来ない主人公。
    隠居させないよう周囲の人たちが話し合っているようです。

  • 相変わらず隠居したいと思っているけれど、実際に人に接するときは優しい。皇女との信頼関係がいい…。意外と年の差あったんだなと今更ながら気付いた。

全28件中 1 - 10件を表示

翼の帰る処(ところ)〈3(上)〉歌われぬ約束 (幻狼ファンタジアノベルス S 1-5)のその他の作品

翼の帰る処 3 ―歌われぬ約束― 上 単行本(ソフトカバー) 翼の帰る処 3 ―歌われぬ約束― 上 妹尾ゆふ子

妹尾ゆふ子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
冲方 丁
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

翼の帰る処(ところ)〈3(上)〉歌われぬ約束 (幻狼ファンタジアノベルス S 1-5)はこんな本です

翼の帰る処(ところ)〈3(上)〉歌われぬ約束 (幻狼ファンタジアノベルス S 1-5)を本棚に登録しているひと

ツイートする