大東京トイボックス(6) (バーズコミックス)

著者 :
  • 幻冬舎コミックス
4.20
  • (56)
  • (63)
  • (21)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 536
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・マンガ (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344820135

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コミック

  • 縲悟ア?髟キ縺ェ繧芽ヲ九▽縺代■繧?≧窶ヲ縲阪▲縺ヲ諱・縺壹°縺励′縺」縺ヲ繧句刀蟄舌&繧薙′縺九o縺?>縺ェ縺ゅ?

  • こういう、登場人物それぞれにきちっと背景がある物語は見ていて面白い。

  • 幻冬舎

  • スカッと進行。稚拙な説得だが、熱いさは伝わったか。伏線は次巻?

  • 花ちゃん相変わらずイケメン過ぎる。ユーロ野郎の背景がようやく明らかに。ますます面白くなってきた。

  • 「同人あがり」とけなされて、落ち込んでた花ちゃんが、印刷所に同人サークル名で電話したとこで、ぶわわって涙がこみ上げた。
    プロとして勝つための選択。
    ゲームショウで、印刷所の社長が持ってきてくれたのも、泣いた。
    今まで積み上げてきたものは、無駄じゃない。

  • かの宮本茂も言っている アイデアとは複数の問題を一気に解決する発想のことだとな(太陽)p.37/効率?プロ?まるでガキだな そんなのは大人じゃねえ ただの聞き分けのいい子供だ(太陽)p.86/自分に出来ることをきっちりこなす 今はそういうターンやと思ってます!(百田モモ)p.118/地獄への道は善意の煉瓦で敷き詰められている p.150/貧乏人の苦労よりは金持ちの不幸を選びたい(半田花子)p.156/要するにお前は自由を求めて不自由になっただけだ(仙水)p.157

  • みんな悩んで悩んで、一つずつ一歩ずつ前に進んでいく・・・

  • 本当にこの漫画は一見すると「熱血ゲーム漫画」に見えるけど蓋を開けてみると意外にもシリアスな内容。人間同士のしがらみであったり商業作品としてのジレンマであったりと、なんとなくではあるが企業や会社としての黒い部分みたいなものをクローズアップして取り上げている気がする。

    そんな中で太陽が理想をあくまで自分の作りたいもの、理想を追い求める存在としてある種ファンタジーとして描かれているのだ。

    最後に塚田社長が助けに駆けつけてくれたシーンはちょっとウルっときちゃったな~。ちょっと斜に構えて強気でいた花子が見せる涙ってのは良いものです。

    太陽とはまた違った意味でぶっ飛んだ行動をする仙水が一体何を企んでいるのか。続きが楽しみ。

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

<b>うめ</b> 
原作担当の小沢高広と、作画担当の妹尾朝子からなる実力派漫画家ユニット。代表作は「スティーブズ」「大東京トイボックス」。電子版絵本「ねこにこねこ」も好評発売中。

<b>小沢高広</b>
わりと細かい夫。原作&料理担当。漫画原作の他、「劇場版 マジンガーZ /INFINITY」の脚本なども手がける。ゲームとロボットと日本酒を愛する。
<b>妹尾朝子</b>
基本ざっくりな妻。作画&洗濯担当。
ちばてつや賞出身で、青年漫画誌を中心に活躍。華奢な外見を裏切る、数々の武勇伝を持つ酒豪。とにかく猫が好き。


「2018年 『イクメンと呼ばないで ニブンノイクジ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大東京トイボックス(6) (バーズコミックス)のその他の作品

うめの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

大東京トイボックス(6) (バーズコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする