夢のつづき (幻冬舎ルチル文庫)

著者 :
制作 : 陵クミコ 
  • 幻冬舎コミックス
3.26
  • (3)
  • (10)
  • (21)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 112
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344820517

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 職業BL
    茅島氏ドクターのお話 外科 * 内科 
    内科ドクターのビジュアル設定が凄いw

  • 茅島氏の続き…初読だった!嫌いじゃありません。なんだかんだで小悪魔的な美しい聖司。それにしても妹の相手の方が心配だ。

  • 茅島氏を読んでてぽっかり抜け落ちてて気持ち悪かった部分が補完されました。 
    聖司が意外に強かったのにほっとした。
    見た目もはかなげで精神も脆かったらつらすぎるもんなぁ。

    それにしても兄と攻めの夕日に向かって走っちゃいそうな「手打ち」がなんだか……www

  • 「茅島氏の優雅な生活」のスピンオフです。
    月に一度大学病院から茅島氏のお屋敷に定期検診をしに来る大学病院内科医の高倉聖司のお話です。
    クオーターで庶子腹の美貌の聖司と高倉総合病院の医院長である義理の兄、義明との異常な関係や聖司を使って仕事を取ったりと暗い内容ではありましたが、聖司を愛している事を聖司を拒否した後に気が付いて悩む森下友臣との関係が良い方へ向かって安心しました。
    とは言え、茅島氏シリーズ程胸に迫らなかったのは何故でしょうか?
    途中もどかしさを覚えたりしましたので、もう少し二人の絆を深く読みたかったです。
    義兄の捻れた執着愛は素敵でした☆愛と憎しみは裏腹なのですね〜
    絵も、茅島氏シリーズと同じ日高ショーコさんにして頂きたかった。それもなんとなくお話に違和感を感じた要因ではあります。

  • 「茅島氏の優雅な生活」のスピンオフ。
    本編より、やや切ない系の話になっている。

  • 茅島氏繋がりで。
    聖司先生の『見た目は天使、身体は小悪魔』な感じがなかなかヨロシイ。

  • 展開がすごい。

  • 茅島氏の主治医の話で、茅島氏もチラッと出てくるとのことで読みました。でも、なかなか物語に入り込めずやたらと読むのに時間がかかりました。入り込めたのは本編終盤だったくらい。たぶん、攻め視点で書かれているため、聖司に起きてることが蚊帳の外から見てる感じだったからでしょうね。聖司視点で、義明にされちゃうアレヤコレヤを読んでみたかった気がします。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

貴族や名家の御曹司等、きらびやかな世界観を表現した作品が数多く、読者の支持を集めている。

「2017年 『なんでも屋花曜祐介の事件譚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夢のつづき (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

遠野春日の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする