さんにんぐらし (バーズコミックス ルチルコレクション)

著者 : 平喜多ゆや
  • 幻冬舎コミックス (2011年2月24日発売)
3.79
  • (9)
  • (26)
  • (16)
  • (2)
  • (0)
  • 164人登録
  • 12レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344821514

さんにんぐらし (バーズコミックス ルチルコレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 両親にネグレクトされ二人で暮らす兄弟のもとに兄の恋人がやってくる弟視点のお話と、成長した弟くんの恋愛話。

    兄の恋人くんのカムアウト家族問題も弟くんの淡い恋心と想われて惹かれて本当の恋を知るまでの過程が丁寧に描かれていてほんわかしました。

    短編は高校生と保父さんの一目惚れ話。

  • 兄×兄の恋人

  • けっこう絵が変わってるんだね。ゆびきり は初期なのかな。このあったかい空気が平喜多さんの持ち味なんだね。これから作家買いしそうです^^

  • ほんわかした

  • 歳の離れた兄弟+兄の恋人の【さんにんぐらし】
    可愛かった。 両親のDVとかちょっと暗めの設定もあるけど、絵柄のせいか終始ほんわかで、登場人物も良い人ばかりで癒やされた。
    成長した弟にも男の恋人が出来、兄カップルと4人で食事する光景とか…「幸せ」のあり方は、それぞれあってイイよな〜と思える作品。

  • 暴力を振るわれて出て行った母と、
    気まずさから家にいない父を持つ兄弟ふたり。
    ほぼ二人ぐらしの兄弟の家に兄の恋人がやってくる。

    ただし兄カップルのお話はちょっとだけで、
    弟くんのお話が大半です。弟くんのお話は
    弟くんと幼い頃に遊んでいた(らしい)
    先輩とのお話。

    個人的にはお兄さんたちカップルのお話を
    もう少しじっくり読みたかったなあ。

    弟くんのお話も悪いわけではなかったんですが。

  • 2012/03/13
    【好き】表題作を読み始めたとき、絵が違いすぎて、あれ?誰の本読んでるんだっけ?と確認してしまった(笑) 幸司の兄ちゃん:敦成×陽樹。 年が離れた兄弟の家に敦成の恋人:陽樹が同居し始める。 兄弟にも陽樹にも家族の問題があり三人で乗り越えながら穏やかに暮らすというホームドラマBL。 続いて、幸司高校生編。 バイト先で幼なじみだった先輩:涌井杏一と再会し告白されるが、ずっとスルーしている。 陽樹の兄の結婚を機に、幸司の気持ちは動いていき、はっきり思い出せなかった先輩のことを思い出し「杏一くん」と名前を呼んだ所が良かった。 表紙裏の漫画、杏一アホだなーでも可愛いなーと和んだわー。  他→『ゆびきり』これまた絵がとっても違うなーと思ったデビュー作。 ホームドラマぽい作風なのは最初からだったのかー。

  • とってもかわいい。

  • 昔の2本は絵柄も全然違ってびっくり。でも話の根本的なとこは似てる。まんなからへんの杏一くんの話が好き。でもおにーちゃんたちがいるとは言えナチュラルにホモ肯定なのがもったいないかなあ。もちょっと葛藤して欲しかった。

  • 良いです!当たり!!
    可愛くて、ハートフル
    萌えました

全12件中 1 - 10件を表示

さんにんぐらし (バーズコミックス ルチルコレクション)のその他の作品

平喜多ゆやの作品

さんにんぐらし (バーズコミックス ルチルコレクション)はこんなマンガです

ツイートする