その目で見るな (リンクスロマンス)

著者 :
制作 : 高宮 東 
  • 幻冬舎コミックス
3.72
  • (5)
  • (11)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344821903

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 王道はよいですね。あとがき曰く人としてダメダメな攻とそれに振り回される普通の受、て事らしいけどダメダメ具合が許容範囲内だったから良かった。本気でろくでなしの最低男だったら無理だけど可南さんだしそこまではないかなと買ってみたのでした。もっとぎゃふんと言わせろて感想多かったらしいけど個人的にはそういう系統の話ではなかったかな。単に攻は精神が子供というか人の感情の機微がまだ理解出来ないだけで。主人公の事が好きなのはあからさまだから、そんなに最低とも思わなかった。自分の
    持てる魅力を自覚した上で全て使ってまで落とそうとするのは、それだけ好きだからですよね。他の人にはわざわざ魅力使わなくたって勝手に寄ってくるんだから。名前呼ばれるだけで嬉しそうだったり。かなり判りやすいと思いました。だからむかついたりぎゃふんが足りない!とかは全然。いわゆる魔性の男で常にちやほやされ続けて育ったせいで来る者拒まず、でも誰にも本当には踏み込ませず生きてきたのが、初めて主人公にだけ心から懐くという王道。そのわんこっぷりがかわいい。主人公にだけ懐いて、自分にくっ付いて回ってた女には視界に入らないかのような残酷な態度取りながら主人公見た瞬間わんこ。でもやっぱり人が何で傷つくかとかを一切解さないので平然と主人公ズタズタにするような事してたりして、でも何が悪いのか本気で解ってなくて、その価値観の違いに主人公は傷ついて、という王道な話を可南さんらしく切な仕立てで読ませてくれました。ラムネのビー玉の例えとか可南さんだなぁと。主人公が今回は空手やってて男らしい設定だったのでうじうじっぷりが可南さん比では多少抑え目かな。飽くまで多少です。落ちたら傷つくのは自分と解っていながら落ちていくのを止められないって描写が良かった。
    わんこだけど結構主従が簡単に引っ繰り返される関係でした。主人公が経験皆無だった故に。主人公は主人公で言葉の裏にある色っぽい意味を全く解さないというw書き下ろしでのわんこしょんぼりがかわいかった。でもすぐ引っ繰り返されてたw
    ただ何で攻がそんな性格になったのかとか、出てきてはいたし想像出来るように判りやすく描かれてはいたけど、もうちょい生い立ちとか使って突っ込んで描くのかなと思って読んでたから全然出てこなくて拍子抜けしました。使わないならその設定の必要あったのかなぁと。素材冷蔵庫から出して放置された感が。
    従兄弟よりも飯塚君の話の方がきそうな予感。でも飯塚君使ったら可南さんカラーではない話のような気も。
    高宮さんの挿絵、微妙にデッサン崩れてるなぁと思ったら一番いいシーンの挿絵が一番崩れてて残念でした。主人公の目つきはきちんと描写に合わせてて好感。

  • 前半の攻めにはあまり共感出来なかったんですけど、よ~く考えると鈍感な受け相手で両極端な二人だから仕方ないかなぁって思いましたけれど・・・。 出来れば受けの空手の技をきっちりと見てみたかったです♪

  • ごくごく普通の大学生である高宏が、マンションの隣人で同じ大学のめちゃモテ男の斎に振り回される、ちょっと軽めなストーリー。
    この攻の斎が、もの凄いクセモノです。甘え上手で淋しがりやで、もてるくせに女に束縛されるのは大嫌いな男。その斎にロックオンされて、魅力にひっかかってしまった初心な高宏は、いつの間にか彼のトリコになり、舞い上がったり落ち込んだり。

    恋愛に不慣れな高宏をうまいこと言いくるめて体まで奪っちゃう斎を、どうよと思うけれど、ダメな奴を放っとけない高宏の気持ちもわかるかな。美形でタラシなんだから。
    それより、そんな奴だとわかりつつも、好きになってしまって天国と地獄の気分を交互に味わう羽目になる高宏の心中を慮ると、せつなくて、せつなくて。
    その斎のために高宏が作る、料理の数々が見逃せません。食事もお弁当もバラエティー豊富でおいしそう。
    周囲の人物も気になるところ。モデルとして活躍もしているらしい斎のマネージャー柳川!一癖あります。一回も登場しない従兄弟もぜひ一度見てみたいし。

    救いは高宏が受ではあるけど、男前な部分を持ち合わせているところですね。イラストから見るとちょっとイメージが違うような気がしますが…
    高宏のイメージはもっと大人だと思うし、斎もイラストが幼すぎかと感じます。

    斎が遊びじゃなく、本気で高宏を好きだと思っているのはわかるんだけど、それにしても、うまいことやっちゃったねって感じがありすぎです。もっと、「遊びのつもりが本気」的に、チャラい攻が健気な受に徹底的に反撃されて、大泣きするみたいな超スッキリ感も切望です。

  • むかつくー!!こんなむかつく攻め久々(苦笑)本当に本気で、高宏のことが好きなのか真意が読めなくてイライラ(怒)高宏ばっかり言わされてる…!自分の容姿の効果とかをわかった上で、意識的に仕向けてくる辺りがまたむかつくの!それにまんまとのせられてる高宏(汗)…惚れた弱みか(苦笑)とにかく高宏は斎を甘やかしすぎる!斎をギャフンと言わせたい〜〜!…高宏が振り回された分、ヤツももっと痛い目に合えばいい。(読んだあとにあとがき見たら、みんな思うことは同じなんだと思って嬉しかった・笑)回し蹴りしたとこはスカッとしたけど(笑)

  • 斎はたしかにダメ男なんだけど、こういうダメっぷりは嫌いじゃない。というか、フェロモン出しまくりの悪い男が受にべた惚れな話はむしろ大好物。世話焼きな高宏に斎が甘えまくるところとか可南さんらしくてよかった。挿絵の高宏が設定のわりに普通に可愛いので、そこは脳内補正が必要かも。

全6件中 1 - 6件を表示

その目で見るな (リンクスロマンス)のその他の作品

可南さらさの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
かわい 有美子
有効な右矢印 無効な右矢印

その目で見るな (リンクスロマンス)を本棚に登録しているひと

ツイートする