もののふっ! (1) (バーズコミックス リンクスコレクション)

著者 : 琥狗ハヤテ
  • 幻冬舎コミックス (2011年8月24日発売)
4.00
  • (25)
  • (25)
  • (14)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :212
  • レビュー :21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344822924

もののふっ! (1) (バーズコミックス リンクスコレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 別な意味で悶えずに読めないBL?漫画(笑)
    とにかくお館さまが大好きで可愛い家臣【猫井菊三忠茂】
    表紙を見た時には全く中身の予想がつかなかったけど、三等身がデフォなのねー(笑)

    戦国の話なので、理不尽な世情に切ないやら悲しいやら…
    菊三の誕生も涙なしには読めなかった(´;ω;`)
    でも、器が大きく情の深いお館さまをはじめ優しい家臣たちに囲まれた菊三に、とても癒やされる。
    ただ、ホモばかりでお家存続が心配なんだけど(笑)
    次巻はBL関係に進展あり?というあとがきに期待♪

  • 時々買う雑誌の方で読んでてコミックスになったら絶対購入と決めてましたが念願かないました!飛び飛びで読んでたので知らなかった菊三誕生秘話を読めて嬉しい。とにかく菊三が可愛くて和むは癒されるは!4コマ5コマだけでなく切ないストーリー漫画もあるのもいいですね。狼・六柘とのお話が大好き♪菊三を中心にお館さまと個性豊かな家臣たちのアットホームなお話がメインですが、九鬼×八木、七尾×四埜というBL話もあります。菊三が人型になると美麗なので今後のお館さまとのBL展開に期待♪お気に入りの1冊です~♪

  • これは色んな意味ですごいマンガ。強面の戦国武将の元に猫のような不思議な生き物がやってきて、みんなメロメロに可愛がっちゃうという。猫井殿の方もお館様スキスキで、ほんとに癒される。かと思えば、臣下の者達の恋愛事情もあったりして、しっかりBLしているのが不思議な世界観。猫井殿が一度だけ青年の姿に化けたのを見せたのは上手い。この先お館様とラブ展開あるのでしょうか。

  • もふもふがかわいいモノノケまんがでした。

  • 戦国の日常+かわいい猫に憑いたモノノケ。
    ひたすら菊三がかわいいくて、おじさまたちも素敵。
    割と読みやすかった。
    アニメイト町田にてサイン本購入。

  • 1、2巻

  • 評判の良さを聞いていたのだけれど。う、うーん。あれ?ホントにいい評価しかないなぁ。多分私が特殊なのだな。
    ということで、ごめんなさいです。かわいいかわいいものを愛でたり真っ直ぐでよいこなエピソードに素直に感動したり、私はそんな綺麗な心をどこかに忘れてきてしまったようです……。

  • 表紙に惚れて購入。
    この方の絵は嫌いじゃないのですが、今回はちょっとあまり好きにはなれませんでした。
    オジサマかっこよかったのに、ノリが同人。物語よりも四コマの方に目がいってしまい話に集中できないのと、締まりがなかった気がします。このお話ならなんで戦国時代にこだわったのかよくわかりません。この人のでシリアスな戦国だったら読んでみたいです。

  • もう最高に良かったです!!
    たかが4コマなのに、なんでこんなに涙が出るんだろう!!
    次はお館さまのラブラブが見たいですvv

  • あれ?! しゃべらないの??

    外した、と思ったけど色々ごった煮で、面白かったです^ ^

全21件中 1 - 10件を表示

もののふっ! (1) (バーズコミックス リンクスコレクション)のその他の作品

琥狗ハヤテの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

もののふっ! (1) (バーズコミックス リンクスコレクション)はこんなマンガです

もののふっ! (1) (バーズコミックス リンクスコレクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする