ゴールデンハニー (幻冬舎ルチル文庫)

著者 : 玄上八絹
制作 : 御景 椿 
  • 幻冬舎コミックス (2012年2月15日発売)
3.91
  • (5)
  • (10)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :62
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344824485

ゴールデンハニー (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作同様、文章の読みづらさはありましたが、「犬」という特殊な設定がやっぱり面白いなと思います。徐々に明らかになってくる黒幕と秘蔵っ子の狙いはなんなのか?過去を乗越えたことによりより信頼関係が築けた2人が真実を知ってどうするのか?と、続編が楽しみです。
    個人的には、最後に分かるチェスのくだりがとてもよかったと思います。

  • 玄上さんの人気代表作、犬シリーズの中の
    分家?公安の飼い主様と元ビッチな純情ワンコのカップル。

    前作→同人誌(番外編)と読むと、どんなにお口は
    お下劣ワード全開でも、クラウディアがとにかく
    可愛くて可愛くて仕方がないです。

    何せ、彼女も立派な「ワンコ」ですからね。
    攻め・大吾ラブ!大吾の隅から隅まで大好き!
    自宅の一番好きな場所は、大吾の匂いのするベッド。
    何から何まで、大吾まっしぐら!です。

    良いヤツだけどどうも虫が好かない新入りが
    クラウディアにちょっかい。そこへ大吾のトラウマを
    えぐるような事故がおこり、クラウディアと亀裂が。

    全部大吾が悪い!このヘタレ!何しとんじゃ!と
    頭はたきたくなりました。
    今回は何もかもクラウディアがえらい!
    大吾、二度とすんなよー!

    お話としてはきちんと終わっておりますが
    黒幕とか過去のホントとか、色々伏線らしいものが
    ちりばめられております。
    続きが、同人誌で出るか商業誌で出されるかは
    読者次第?!

    いずれにしましても玄上さん、次回もきっと流血ですね。

  • 大吾と即答するところが好きです。やっぱりクラウディアかわいい!!

  • 健気ってこういうことをいうのね…!
    クラウディアは口が悪い子ですが、本当に純情可憐な可愛いヤツです。
    にしてもテルの置き土産がちょっと怖い。え、何。そんなシリーズになっちゃうんですか、じれじれしながら追いかけるんだ私!

  • 玄上さん「犬」シリーズの4作目にして、前作「ゴールデンビッチ」の続編です。

    行儀の悪さと下品な口調は相変わらずだけど、クラウディアが確実に成長してる!

    人間らしい複雑な感情を垣間見せ始めたことに感動しつつ、大吾の愛を求める姿はやっぱり動物的で可愛いくてたまらなかったです!!

    あらすじで予想してたのと違って、今回は飼い主の方がグラグラしてましたね;
    でも、試練をまた一つ乗り越え、愛が深まった様子で良かった♪

    クラウディアには是非卵を産んで欲しいです(笑)
    フォロワーさんに教えてもらって読んだ、先生のサイトに掲載されているおまけ、爆笑です!
    大吾には悪いが、あれは自業自得(笑)

  • 前回から大好きなシリーズなので、楽しみで一気読みしてしまいました。相変わらずお下品で可愛いクラウディアが良いです。
    次々と謎や黒幕が出てきて、これは続きが読みたい。
    宮城や夏紀も気になるし。
    最後の夏紀の台詞にはぞっとしました。ああ、こいつはポインターなのかなと思った。

    全ての謎が解決したとき、どうなるのか気になります。

全6件中 1 - 6件を表示

ゴールデンハニー (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

玄上八絹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする