ハニークラッシュ (幻冬舎ルチル文庫)

著者 :
  • 幻冬舎コミックス
3.58
  • (2)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344824522

作品紹介・あらすじ

代議士狙撃犯の陰謀を阻止したことで逆恨みの脅迫を受け、休職を余儀なくされたボディガード・如月花。相棒で恋人のユンとの蜜月を楽しむ暇もなく、復職するため自身を囮に狙撃犯をおびき出すことに。一方、自分の代理におさまったアーネストが、ユンと反目しつつも確かなコンビネーションを発揮していることに、花は心穏やかでなくて…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 逆恨みで命を狙われ、休職することになった花。でも花とユンがそのまま大人しくしているはずもなく、犯人を捕まえようとする。危ないのでは。と言いたくなるけれど、この2人なら大丈夫かな。と思う部分もある。アーネストの登場で花とユンがそれぞれ、少しずつ自信を失うのはヤキモキするけれど、お互いを信頼しているのがよく分かってちょっと安心できた。

  • ◎総合評価 5
    ◆ヒロイン? 5  ◆ヒーロー? 5
    ◆純愛 5     ◆情熱 3
    ◆さわやか 3   ◆セレブ 1
    ※前作が面白くて、久しぶりに続編が読みたいな~と思思って購入。攻めと受けのコンビが良い感じでこなれてきた気がする。登場人物が増えてきたので、サイドストーリーやさらなる続編も読みたくなってきた。でも作者さんは書かないんだろうな~。

  • やっぱ今回も結局は花がやきもきしてたかな~。ユンも多少はしてたけど全然足りない!(笑)本編は、甘さよりも事件を解決するっていう方がメインな印象でした。正直本編よりも、「ジャンク・スイーツ」の方が面白かったwユンの弟の8年後が楽しみ~(笑)兄弟揃って好みが似てるのかなw

  • 『ハニービート』
    ⇒『ハニークラッシュ』

  • 前作読んでないんです。続編とは知らず購入!でも、二人の馴れ初めは分からないもののカップルのお話だと思えば全然読めました。多少のアクションもあって面白かったです。頭脳明晰なユンがチラホラと顔を出しながらも、花の前ではワンコ全開なところがいいですね~♪

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

小説家。3月26日生まれ、A型。
1994年、『透き通った空の破片』でデビュー。代表作・シリーズに、「仇花シリーズ」、「守護者シリーズ」。

神奈木智の作品

ツイートする